サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

古川聡宇宙飛行士

古川宇宙飛行士の作業状況 (2011年9月 5日)

9月2日、古川宇宙飛行士は「きぼう」日本実験棟および船内保管室の非常照明電力システム(Emergency Lighting Power System: ELPS)を撤去する作業を行い ました。

今後は既に設置されている蓄光式の非常口照明(Emergency Egress Guidance System:EEGS)が使用されます。

また、「コロンバス」(欧州実験棟)にある人体研究ラック2(Human Research Facility 2: HRF-2)の排気管の漏れの確認を地上の専門家が行うため、その支援のため通気管をユーティリティ・インタフェース・パネルに接続し、地上での確認が行われた後に取り外しました。

他には自転車エルゴメータ(Cycle Ergometer with Vibration Isolation and Stabilization System:CEVIS)でのエクササイズを行った後、CEVISのアイソレータの寿命を伸ばすため、CEVISのペダルの調整作業を行いました。

古川宇宙飛行士が軌道上から撮影した台風12号の写真を自身のツイッターに掲載しています。

なお、ビデオライブラリには、台風12号の映像のほか、古川宇宙飛行士による実験やISSの医療機器、身体の変化についての解説ビデオや、運動の様子を収めたビデオを掲載しています。

断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

≫最新情報へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約