サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

古川聡宇宙飛行士

古川宇宙飛行士の活動状況(2011年7月15日)

写真:恒久型多目的モジュール(Permanent Multipurpose Module: PMM)内の物資を整理する古川宇宙飛行士

恒久型多目的モジュール(Permanent Multipurpose Module: PMM)内の
物資を整理する古川宇宙飛行士(出典:JAXA/NASA)

7月14日、古川宇宙飛行士は、引き続きスペースシャトル「アトランティス号」が運んできた「ラファエロ」(多目的補給モジュール2)から国際宇宙ステーション(ISS)へ荷物を移送する作業を行いました。

また、「植物の重力依存的成長制御を担うオーキシン排出キャリア動態の解析(CsPINs)」実験も行いました。取得したサンプルはアトランティス号に搭載され、地上に回収される予定です。

また、アトランティス号で行われた、スペースシャトルの最後のフライトのために用意された特別な「アメリカの食事」("All-American Meal")に参加しました。これはNASAが企画したイベントで、すべてのメニューがアメリカ料理からなっており、地上の人々もバーチャル的に参加できるというものでした。

14日の午後にはしばしの休息時間が与えられ、地上からの遠隔診療を受診しました。

古川宇宙飛行士は自身のツイッターを更新し、船外活動など最近のISSでの活動についてツイートしています。

断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

≫最新情報へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約