サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーション(ISS)

ISSの構成

最終更新日:2015年09月18日

ISSの構成要素

国際宇宙ステーション(ISS)は、国際パートナー各国がそれぞれに開発した要素(パーツ)で成り立っています。各要素の打上げには、米国のスペースシャトルやロシアのロケットが使用されます。

各国の果たす役割
画像。クリックして拡大

ISSの構成

主な構成部分

宇宙空間のISSは、地上に置くとしたら、大きなサッカー場が必要なほどの大きさです。この巨大なISSには、宇宙飛行士が安全に、確実に仕事をするためのさまざまな機能や工夫が盛り込まれています。

宇宙飛行士が使用する主なスペースは、実験や研究を行うためのいわば仕事場となる「実験モジュール」と、生活の場となる「居住モジュール」など。モジュールの中は、宇宙服を着なくても生活ができるよう、地球の大気とほとんど同じ状態が保たれています。

その他に、電力を作り出す「太陽電池パドル」、船外での作業に活躍する「ロボットアーム」などがあります。

画像:ISS完成イメージ

ISSの主な構成部分

実験モジュール

コロンバス

コロンバス(提供:NASA)

宇宙飛行士が実験や研究を行うところ。いろいろな装置が置かれている「仕事場」です。米国、日本、欧州がそれぞれに開発した3つの実験モジュールがあります。

「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームのように、ISSでは船外でも実験を行うことができます。

また、ロシアの多目的実験モジュール(MLM)の打上げが今後予定されています。

「デスティニー」(米国実験棟)
「コロンバス」(欧州実験棟)
「きぼう」日本実験棟

居住モジュール

ズヴェズダ

ズヴェズダ

宇宙飛行士が生活する場所。各国の宇宙飛行士が共同で使用します。ロシアが開発した「ズヴェズダ」サービスモジュールには寝室(個室)、トイレ、運動用の器具、調理設備など、宇宙飛行士が健康に暮らすために必要な機能がすべて備えられています。

「ズヴェズダ」(ロシアのサービスモジュール)

ノード(結合モジュール)

「ハーモニー」(第2結合部)

「ハーモニー」(第2結合部)(提供:NASA)

モジュールとモジュールをつなぐ接続部。倉庫の役割をもつほか、寝室(個室)も設置されています。「ノード」以外に、「ピアース」(ロシアのドッキング室)なども、モジュール同士をつなぐ役割をもっています。

「ユニティ」(第1結合部)
「ハーモニー」(第2結合部)
「トランクウィリティー」(第3結合部)

太陽電池パドル(Solar Array Wing: SAW)

「きぼう」の窓から見たSAW

「きぼう」の窓から見たSAW(提供:NASA)

私たちの暮らしでも活用されている太陽電池。宇宙でも太陽電池で電力を供給します。太陽電池パドルはつねに太陽の方向へ向くように自動で回転しています。

太陽電池パドル(Solar Array Wing: SAW)

ロボットアーム

SSRMS

ISSのロボットアーム(SSRMS)(提供:NASA)

モジュールなどの大型パーツをISSに取り付けたりするときに活躍する“ロボットの腕”。

カナダが開発した、ISSの中心にある構造体「トラス」の上を移動するISSのロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)や、人間の上半身のような形をした「デクスター」(特殊目的ロボットアーム)、また、「きぼう」日本実験棟で実験装置の交換作業などを行う、「きぼう」ロボットアームがあります。

ISSのロボットアーム(SSRMS)
モービルベースシステム(Mobile Base System: MBS)
「デクスター」(特殊目的ロボットアーム)
「きぼう」ロボットアーム
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約