サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

ISS関連用語集

小型衛星放出機構
JEM Small Satellite Orbital Deployer: J-SSOD
写真:小型衛星放出機構(J-SSOD)

小型衛星放出機構(J-SSOD)

小型衛星放出機構は、CubeSat規格(10cm×10cm×10cm:これを1Uと呼び、その2倍の2Uと、3倍の長さになる3Uサイズまで収納可能)の超小型の人工衛星を、「きぼう」日本実験棟のエアロックから搬出して放出機構で打ち出し、軌道に乗せるための仕組みのことです。
J-SSODは、衛星搭載ケース、分離機構などから構成されており、親アーム先端取付型プラットフォーム(Multi-Purpose Experiment Platform: MPEP)の上に取り付けられます。

MPEP/J-SSODは、日本が開発したもので、2012年10月と2013年11月に計9機の放出を成功させました。この有効性を認識したアメリカは、商業目的に利用するため、より大型の放出機構を開発しました。日本の機構の場合、3U×2本の計6U分の衛星までしか放出できませんが、米NanoRacks社が開発したNRCSD (NanoRacks CubeSat Deployer)をMPEPに設置した場合は、6U×8本の計48U分の衛星を放出できます。3Uサイズの衛星であれば16機、1Uや2Uサイズを混載すればさらに多くの衛星を放出できます。これらは2014年2月と8月に放出を行っており、今後も多数の打上げが計画されています。2014年8月末までに、計38機の放出が行われています。

アメリカでは、「きぼう」のエアロックのサイズを最大限利用して、さらに大型の衛星放出も行っており、2014年11月29日にはSpinSatという直径56cm、重さ57kgの球体を放出しました。この放出に使われた機構はサイクロップス(Cyclops)というNASAが開発した装置で、「きぼう」ロボットアームの先端に取り付けられた子アーム(SFA)で把持されて、放出方向に向けられました。

関連リンク
カテゴリー

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約