サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

ISS関連用語集

コロンバス(欧州実験棟)
Columbus
写真:コロンバス外部での船外活動の様子(STS-122ミッション)

コロンバス外部での船外活動の様子(STS-122ミッション)

「コロンバス」(欧州実験棟)は、欧州宇宙機関(ESA)によって開発された実験棟で、国際宇宙ステーション(ISS)組立フライト1E(STS-122ミッション)で2008年2月に打ち上げられました。

コロンバスは、欧州では初めての宇宙飛行士が長期間活動できる有人施設で、生命科学、材料科学、流体物理学などのさまざまな実験を行うことができます。

コロンバスには、国際標準実験ラック(International Standard Payload Rack: ISPR)に適合する10台の実験ラックが取り付けることができ、8台は側面に、2台は天井に配置されます。 また、コロンバスの外部にはESAの船外実験装置の設置場所が4箇所あり、さまざまな宇宙曝露実験が行われます。

画像:コロンバスの曝露実験装置

コロンバスの内部と曝露実験装置(©ESA-D. Ducros)

コロンバスの主要諸元
項目
寸法 約4.47m(直径)×約6.8m(長さ)
搭載ラック数 16ラック(うち実験ラック 10ラック)
質量 12,775kg(打上げ時)
動画
コロンバスへの入室(STS-122ミッション)
[9m47s] 225Kbps
関連リンク
カテゴリー

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約