サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXAの宇宙飛行士

このエントリーをはてなブックマークに追加

第20回NASA極限環境ミッション運用(NEEMO20)訓練

最終更新日:2015年07月30日

訓練概要

金井 宣茂

NEEMO20訓練に参加する金井宇宙飛行士(出典:JAXA)

国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在に向けた訓練の一環として、金井宣茂宇宙飛行士が第20回NASA極限環境ミッション運用(NASA Extreme Environment Mission Operations: NEEMO20)訓練に参加します。

当訓練は、米国フロリダ州タバナー沖の海底に設置されている「アクエリアス」と呼ばれる居住スペースがある海底研究室に滞在し、閉鎖環境におけるチームワーク・リーダーシップ・自己管理および異文化対応などのチーム行動能力の更なる向上を図り、ISS長期滞在に備えることを目的としています。

アクエリアスの外で写真撮影をする金井宇宙飛行士(右)らクルー(出典:JAXA/NASA)

今回のミッションでは、ISSや将来の有人探査に向けた技術の検証・評価を行います。船外活動では、サンプルを採取するツールの作業性や、小惑星・火星などの異なる地表・重力レベルでの作業手法を検証します。また、ウェアラブル端末に作業手順を表示してクルーが実際に作業を行えるかどうかを検証したり、通信の遅れを模擬したりします。

参考:これまで、複数のJAXA宇宙飛行士がNEEMO訓練に参加しています。

  • 2014年 星出宇宙飛行士 NEEMO18
  • 2012年 油井宇宙飛行士 NEEMO16
  • 2011年 大西宇宙飛行士 NEEMO15
  • 2007年 古川宇宙飛行士 NEEMO13
  • 2006年 若田宇宙飛行士 NEEMO10
NEEMO20訓練計画
実施期間 2015年7月20日(月)から8月2日(日)の14日間(米国時間)
実施場所 フロリダ国際大学 海底研究室(アクエリアス)
フロリダ州タバナー沖合約10km、水深約20m
訓練参加者 コマンダー ルカ・パルミターノ(ESA宇宙飛行士)
搭乗員 金井 宣茂(JAXA宇宙飛行士)
セレナ・アノン(NASA宇宙飛行士)
デービッド・コーン(NASA EVA技術者)
ほか、海底研究室技術支援者2名

海底研究室の場所

室内の様子

NEEMO20訓練関連の写真

NEEMO20訓練に関する記者会見でメガネ型ウェアラブル端末の説明をする金井宇宙飛行士

NEEMO20訓練に関する記者会見でメガネ型ウェアラブル端末の説明をする金井宇宙飛行士(2015年07月30日)

NEEMO20訓練に関する記者会見を行う金井宇宙飛行士

NEEMO20訓練に関する記者会見を行う金井宇宙飛行士(2015年07月30日)

NEEMO20訓練で船外活動を行う金井宇宙飛行士

NEEMO20訓練で船外活動を行う金井宇宙飛行士(2015年07月22日)

NEEMO20訓練で船外活動を行う金井宇宙飛行士ら

NEEMO20訓練で船外活動を行う金井宇宙飛行士ら(2015年07月22日)

NEEMO20訓練の様子

NEEMO20訓練の様子(2015年07月21日)

NEEMO20訓練の様子

NEEMO20訓練の様子(2015年07月21日)

NEEMO20訓練に参加するクルー

NEEMO20訓練に参加するクルー(2015年07月21日)

NEEMO20訓練に参加するクルー

NEEMO20訓練に参加するクルー(2015年07月20日)

※日付は日本時間です。

NASA NEEMOのツイッター

資料・リンク

ミッション概要資料[PDF: 1.75MB]

Aquarius
アクエリアスを運営するフロリダ国際大学のウェブサイトです(英語)。
NEEMOホームページ(NASA)
NEEMO Facebook
USTREAM(AQUARIUS REEF BASE)
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約