JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク
 JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク螳螳吶せ繝繝シ繧キ繝ァ繝ウ繝サ縺阪⊂縺蠎蝣ア繝サ諠蝣ア繧サ繝ウ繧ソ繝シ繧オ繧、繝医槭ャ繝
 

実験概要




 TR−IA−6号機では、優れた科学技術成果の獲得、宇宙ステーション利用に向けた基礎的な科学技術データの蓄積・宇宙実験技術の高度化、宇宙ステーション用共通実験装置(流体物理実験装置、均熱炉、帯域炉)の開発に必要となる要素技術の取得を目的として、以下に示す5テーマの微小重力実験を実施します。
 なお、これらの実験テーマは、科学技術庁・宇宙開発事業団・(財)宇宙環境利用推進センターが推進している「宇宙環境利用フロンティア共同研究プロジェクト」の微小重力利用研究として進められてきたものです。

実験テーマと搭載実験装置(6号機)

分 野 実 験 テ ー マ 搭載実験装置
流体現象研究 非定常マランゴニ対流の三次元流動と液柱表面温度の同時観測 流体物理実験装置 II型
基礎物理研究 液体金属の自己拡散係数における同位体効果の研究 多目的均熱炉
金属・合金材料研究 微小重力環境でのAl-Ti包晶系合金の凝固組織 多目的均熱炉
ライフサイエンス研究 骨芽細胞の増殖関連遺伝子などの発現に及ぼす微小重力の影響 培養細胞実験装置
半導体材料研究 シリコンメルト液柱内の対流可視化観察 高温加熱装置 II型
(注)多目的均熱炉は、独立に制御できる6個の電気炉を有する実験装置で、上記2テーマを実施します。

[HOME] [INDEX] [TOP]

JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク繧オ繧、繝医昴Μ繧キ繝シ