サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーションの組立フライト ULF6(STS-134)

搭載物

最終更新日:2011年4月18日
画像

ペイロードベイ(貨物室)の搭載状況
※太字は搭載物、細字はスペースシャトルシステム

アルファ磁気スペクトロメータ(AMS-02)
写真:AMS-02

AMS-02

アルファ磁気スペクトロメータ(Alpha Magnetic Spectrometer: AMS-02)は、米国エネルギー省が指揮をとり、世界16カ国、56機関から構成される国際的なチームで運用される最新技術を結集した素粒子検出器です。AMS-02は、宇宙の反物質、および暗黒物質(ダークマター)を探索するために宇宙空間を観測します。AMS-02は、国際宇宙ステーション(ISS)のS3トラスの上側に設置されます。
エクスプレス補給キャリア3(ELC-3)
写真:ELC-3

ELC-3

エクスプレス補給キャリア(Express Logistics Carrier: ELC)は、ISSの船外で使う機器類をスペースシャトルで輸送すると共に、ISSのトラス上で保管するためのキャリアです。STS-134ミッションでは、ELC-3が運ばれ、P3トラスの上側に設置されます。ELC-3には、以下の軌道上交換ユニット(Orbital Replacement Unit: ORU)の予備品や米国の実験装置などが搭載された状態で打ち上げられます。

  • アンモニアタンク(Ammonia Tank Assembly: ATA) [1台]
  • 高圧ガスタンク(High Pressure Gas Tank: HPGT) [1台]
  • カーゴ輸送コンテナ(Cargo Transport Container: CTC) [1台]
  • Sバンドアンテナ(S-band Antenna Support Assembly: SASA) [2台]
  • 「デクスター」(特殊目的ロボットアーム)の予備アーム[1本]
  • 米国の実験装置(Space Test Program-Houston 3: STP-H3) [1台]

JAXA搭載品
JAXAが行う「きぼう」日本実験棟やISSでの実験に関わる物資が打上げ/回収されます。

(写真・画像は全て出典:JAXA/NASA)

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約