サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

宇宙医学

宇宙医学研究センター 平成26年度 研究開発報告会の開催について

最終更新日: 2014年11月14日

(独)宇宙航空研究開発機構(Japan Aerospace Exploration Agency:JAXA)宇宙医学研究センター(JAXA - Center for Applied Space Medicine and Human Research:JCASMHR、向井千秋センター長)は、国際宇宙ステーション(International Space Station:ISS)「きぼう」日本実験棟を利用した宇宙実験、「きぼう」に搭載された実験装置、宇宙医学研究の重点研究課題等に関する最新情報・知見をJAXA内外の研究・開発者間で共有することを目的に、宇宙医学に関する研究開発の成果を報告する「平成26年度 研究開発報告会」を平成26年11月29日午後に開催いたします。
特別講演には筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構長 柳沢正史 教授をお迎えし、「睡眠・覚醒の謎に挑む」というテーマでご講演いただきます。


主催:(独)宇宙航空研究開発機構 宇宙医学研究センター
日時:2014年11月29日(土)13:15~16:30(受付開始13:00)
場所:御茶ノ水ソラシティ sola city Hall WEST
    (東京都千代田区神田駿河台4-6)
参加費は不要です。専門家向けの報告会となります。

プログラム
13:00 受付
13:15 開会挨拶
13:15~16:25 ディスプレイ展示
13:20 「きぼう」日本実験棟利用セミナー
13:30 特別講演「睡眠・覚醒の謎に挑む」
 演者:柳沢正史先生
 (筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構 教授)
14:00 一般講演
 ①宇宙飛行士健康管理
 ②「きぼう」日本実験棟利用研究、装置関連
16:25 閉会挨拶


問合せ・申し込み先:
有人宇宙ミッション本部 宇宙飛行士運用技術部 宇宙医学生物学研究室
開催支援:(一財)日本宇宙フォーラム 宇宙利用事業部 武岡、山崎
jsbro@jaxa.jp tel: 050-3362-6725/3742

※第60回日本宇宙航空環境医学会大会(http://www.jsasem60.com/)に引き続いて、JCASMHR研究開発報告会が開催されます。なお、第60回日本宇宙航空環境医学会大会は参加費が必要になりますので、ご注意ください。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約