サイトマップ


シロイヌナズナなどの双子葉植物とイネなどの単子葉イネ科植物の細胞壁の構造は大きく異なっています。 植物の細胞壁を扱うと言っても異なるアプローチが必要です。



イネ、トウモロコシ、コムギなどは食糧生産に欠かせない植物であり、それらがどのように重力に対して自分の体を支えているか、そのメカニズムを知ることは非常に重要です。



研究の結果として、細胞壁を丈夫にして風に倒れにくい丈夫なイネを作るなど、地上での品種改良にも生かされる可能性がありますし、また宇宙での植物生産にも役立つと期待されます。


単子葉植物と双子葉植物

植物の仲間を分類する方法は色々ありますが、子葉の数が1枚か2枚かで分ける分類の方法があります。 子葉が1枚のものが単子葉植物で、2枚のものが双子葉植物です。 単子葉イネ科植物にはイネ、トウモロコシ、コムギなど重要な穀類が多く、双子葉植物には、アサガオやヒマワリなど、理科の観察でおなじみの植物が含まれています。 単子葉イネ科植物と双子葉植物は、その形態だけでなく細胞壁の構造も違っています。

Ferulate植物容器にイネ種子を播種している様子

実験の背景 | 実験の目的 | 実験内容 | ココがポイント! | 成果


Ferulate トップページへ | 「きぼう」での実験ページへ | ISS科学プロジェクト室ページへ

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約  ヘルプ