サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

このエントリーをはてなブックマークに追加

UAE宇宙飛行士による宇宙授業が行われました

最終更新日:2019年10月 7日

Int-Ballを手にして姿勢制御を説明するアル・マンスーリー宇宙飛行士(出典:JAXA/NASA)

アラブ首長国連邦(UAE)初の宇宙飛行士ハッザ・アル・マンスーリー氏は、JAXAの「きぼう」船内ドローン(Int-Ball)を用いた教育イベントを2019年9月30日に実施しました。アル・マンスーリー宇宙飛行士の宇宙授業の様子は、リアルタイムでインターネット配信され、UAEのドバイにあるムハンマド・ビン・ラシード宇宙センター(Mohammed Bin Rashid Space Centre: MBRSC)にて、パブリックビューイングが行われました。JAXA筑波宇宙センターの管制室にも両国の関係者が集まり、UAEの大学生はアル・マンスーリー宇宙飛行士と直接質疑応答を行い、イベントの最後には、UAEのカリド・アルアメリ大使からメッセージをいただきました。

本プロジェクトは、JAXAとUAE宇宙庁との機関間協力の下、JAXAとMBRSCが協力して実施したものです。

軌道上でアル・マンスーリー宇宙飛行士は、Int-Ballを用いて宇宙機の姿勢制御の原理を説明しました。最初はInt-Ballが無重力状態で静止するように制御されているところを見せて、姿勢安定の実例を提示しました。それに関連してジャイロスコープ(地球ゴマ)を用いて、回転体の姿勢安定の仕組みを説明しました。また、自分で自転車こぎの動作を行い、姿勢変更のための無重力下での作用反作用のデモンストレーションを行いました。

ジャイロスコープで姿勢安定の原理を説明する様子(出典:JAXA/NASA)

次に、Int-Ballを上向きに回転させるには、Int-Ball内部に3個あるリアクションホイールをどの方向に動かすべきか、アル・マンスーリー宇宙飛行士からドバイにいるUAEの学生にクイズが出題されました。
UAEの学生からの回答は、筑波宇宙センター管制室のJAXA古川宇宙飛行士に伝えられ、Int-Ballを操作するKiboフライトコントローラに伝えられました。KiboフライトコントローラがInt-Ballへコマンドを送信すると、Int-Ballは上向きに回転してUAE学生の回答が正しかったことが判明し、地上では拍手が沸き起こりました。

アル・マンスーリー宇宙飛行士と、支援するアメリカのニック・ヘイグ宇宙飛行士(出典:JAXA/NASA)

UAEドバイのパブリックビューイング会場の様子(出典:JAXA)

筑波宇宙センターの運用管制室の様子(出典:JAXA)

最後に、JAXA筑波宇宙センターの運用管制室のVIPルームで立ち会っていたUAEの大学生が、軌道上のアル・マンスーリー宇宙飛行士と、直接、宇宙ロボットに関する質問のやり取りを行い、会場を沸かせました。

質問するUAE大学生と、司会の古川宇宙飛行士(出典:JAXA)

実験を見守る両国の関係者(出典:JAXA)

筑波宇宙センターの運用管制室VIPルーム(出典:JAXA)

筑波宇宙センターに集まった両国関係者(出典:JAXA)

アルアメリUAE大使に実施証明書を手交するJAXA若田理事(出典:JAXA)

なお、今回の「きぼう」での教育イベントの実施に先立ち、JAXAとMBRSCは、UAEのドバイ大学(ドバイ)とハリーファ大学(アブダビ)において、2019年9月9日、10日に、学生を対象とした講演会を開催しました。JAXAからは、土井忍、谷垣文章、茂渡修平が、JAXAの国際協力と宇宙用ロボット技術研究および宇宙機姿勢制御技術を説明し、「きぼう」での実験研究・技術開発などへの学生の理解を深めました。

ドバイ大学での講演会(出典:MBRSC)

Int-Ballを用いてハリーファ大学で講演(出典:MBRSC)

関連リンク

[プレスリリース] UAE宇宙飛行士による、「きぼう」日本実験棟での教育プロジェクトの実施協力について(2019年9月6日)
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約