JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク
 JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク螳螳吶せ繝繝シ繧キ繝ァ繝ウ繝サ縺阪⊂縺蠎蝣ア繝サ諠蝣ア繧サ繝ウ繧ソ繝シ繧オ繧、繝医槭ャ繝
 
更新履歴 フォトアルバム ビデオ ライブラリ NASA TV
ミッション結果の要約
ステータス
NASDAデイリーレポート
NASAステータスレポート
ミッション概要
ミッション概要
飛行実績
クルー
SRTM
SRTMとは
SRTMの観測原理
EarthKAM
EarthKAMとは
EarthKAM体験
EarthKAMレポート
EarthKAM写真集
毛利宇宙飛行士
質問募集
インタビュー
任務
メッセージ
訓練レポート
プロフィール
レーダ電波反射実験
 
毛利さんへの電波メッセージ結果発表〜地球観測フェア2001
毛利さんへの電波メッセージ結果発表
レーダ電波反射実験
実験レポート その1
実験レポート その2
反射実験活動状況
発表文
関連情報
パンフレット
リンク

エンデバー号帰還 毛利宇宙飛行士お帰りなさい!

毛利宇宙飛行士
 毛利宇宙飛行士が搭乗したスペースシャトル「エンデバー号」(STS-99)は11日間の飛行を終え、米国中部標準時間 2月22日午後5時23分(日本時間 2月23日午前8時23分)フロリダ州NASAケネディ宇宙センター(KSC)に着陸しました。
 STS-99は、97回目、エンデバー号としては14回目の飛行となります。



NASA/JPL/Caltec
3次元画像のイメージ
(STS-59/68による画像)
STS-99ミッション説明

STS-99の主なミッション
 STS-99は米国航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル・ミッションで、SRTM(Shuttle Radar Topography Mission)と呼ばれる装置により地球の立体地図を作成するための地表データを取得することを主な目的としています。
 SRTMで取得されたデータは、地図の作成に用いられる他、航空機の安全運航や、洪水、浸食、地滑り等の地球科学研究への利用が期待されています。

毛利宇宙飛行士
 毛利宇宙飛行士は1992年のスペースシャトルエンデバー号 (STS-47) の飛行につづいて2度目の宇宙飛行を行います。
 現在、毛利宇宙飛行士は、米国航空宇宙局(NASA)のジョンソン宇宙センター、ケネディ宇宙センター及びジェット推進研究所で飛行中に実施する作業の訓練を実施中です。
 軌道上では、3次元の地球観測データを取得するミッションを主な任務とし、地球画像の撮影を始めとする様々な実験を行う計画です。また、地球帰還時には船長とパイロットをサポートする任務も果たす予定です。



JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク繧オ繧、繝医昴Μ繧キ繝シ