JAXAトップページへ
 JAXAトップページへ 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター サイトマップ
 

宇宙ステーションキッズ

国際宇宙ステーション
宇宙ってどんなとこ
宇宙での生活
有人宇宙活動の歴史
日本人宇宙飛行士
みんなのまわりにも宇宙の技術
ロケット大図鑑
実験工作室
クイズ
用語辞典
宇宙の輪
よくある質問

「きぼう」ツアー

若田光一 宇宙飛行士

始まりは模型(もけい)飛行機

若田宇宙飛行士は、1963年、埼玉県大宮市で生まれました。子供のころは、早起きしてクワガタやカブト虫をとったり、夕方暗くなるまでザリガニをつったりしていました。小学生になると、リトルリーグのチームで野球をしたり、模型飛行機を作って飛ばしたりして楽しんでいました。このころから飛行機に興味をもった若田少年は、航空機のエンジニアになるという夢をもち始めます。

人類に貢献(こうけん)したい

若田宇宙飛行士は、大学と大学院で航空工学を勉強し、夢がかなって、航空会社で航空機のエンジニアの仕事をするようになります。1992年4月に、宇宙開発事業団(現在は宇宙航空研究開発機構)が宇宙飛行士を募集(ぼしゅう)しているのを知り、人類に貢献できる仕事である宇宙飛行士に挑戦(ちょうせん)したいとの気持ちから応募(おうぼ)して、 みごと選ばれたのです。

宇宙飛行士になってから

若田宇宙飛行士は、1996年1月にスペースシャトル「エンデバー号」に乗りこみ、 日本の人工衛星をスペースシャトルのロボットアームでつかまえるという、むずかしい作業を行いました。 また、2000年10月には、日本人宇宙飛行士として初めて国際宇宙ステーション組み立てに参加し、得意のロボットアーム操作(そうさ)で構成要素を取り付けました。
ロボットアームの操縦席にいる若田宇宙飛行士
ロボットアームの操縦(そうじゅう)席にいる若田宇宙飛行士

若田光一 (わかたこういち)
生まれた年 1963年
出身地 埼玉県大宮市
趣味(しゅみ) 飛行機操縦(そうじゅう)、ハンググライダー、野球、テニス、スキー

若田光一さん 野口聡一さん 古川聡さん 星出彰彦さん 油井亀美也さん 大西卓哉さん 金井宣茂さん
若田光一 野口聡一 古川聡 星出彰彦 油井亀美也 大西卓哉 金井宣茂
元・JAXA宇宙飛行士
毛利衛さん 土井隆雄さん 山崎直子さん 向井千秋さん
毛利衛 土井隆雄 山崎直子 向井千秋

   
JAXAトップページへサイトポリシー