サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在


国際宇宙ステーション(ISS)第54次/第55次長期滞在クルーとして、2017年12月頃から滞在予定の金井宇宙飛行士のミッション内容などをご紹介します。

最新情報

金井宇宙飛行士ブログ ヘッダイラスト募集!(8月25日)


金井宇宙飛行士の公式ブログがスタートしました! これにあわせ、皆様からブログのヘッダイラストを募集します。あなたの描いたイラストが金井宇宙飛行士のブログを彩ります。ご応募をお待ちしております!

≫続きを読む
≫最新情報のバックナンバーを見る


ISS第54次/第55次長期滞在ミッションロゴについて

ミッションロゴ

ISS第54次/第55次長期滞在ミッションロゴ

国際宇宙ステーション(ISS)第54次/第55次長期滞在ミッションのJAXAロゴは、これまでに「きぼう」を通じて得られた技術開発と知見をもとに、成果の収穫期に移ろうとしているサイクルをイメージしてデザインしました。

油井・大西宇宙飛行士が築いた新たな「きぼう」利用環境を最大限活用し、その成果を地上へ還元するとともに、国際宇宙ステーションから、月、火星など将来の探査へつなげる金井宇宙飛行士の強い意志を黒の円で示しています。

また、ロゴの赤と白は日の丸をイメージし、ISSや将来の宇宙探査への日本の貢献を象徴するデザインにしています。


タンパク質が私たちの未来を変える鍵?
実験担当者に聞く~タンパク質結晶生成実験~

第4回7/26(水)【~将来への期待~】


1

地上での生活に対してどんなことに活用・応用していけるか?


1

これまでに、タンパク質はそれぞれが固有の働き、固有の構造を持っていることをお話しました。つまり、タンパク質の構造を正確に観察できれば、その機能や仕組みを知ることが出来るということです。これをさらに発展させれば、タンパク質の機能を制御することも可能になります。薬の設計がまさにそうですね。病気の原因となるタンパク質を見つけ出し、その機能と構造の関係を明らかにできれば、その機能を調節する分子を作り出すことが出来ます。






≫続きはこちら
≫全連載のバックナンバーを見る


ISS第54次/第55次長期滞在のコンテンツ紹介



関連ページ


新米宇宙飛行士最前線!

金井宇宙飛行士を含む新世代の宇宙飛行士3人が2012年から2014年にかけて毎月連載していたコラムです。


金井宇宙飛行士参加のNEEMO20訓練

2015年に参加したNASAの極限環境ミッション運用訓練の概要です。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約