サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

ウィークリーレポート

2018年5月28日~6月3日

画像

日本時間6月3日午後9時39分、金井宇宙飛行士は168日にわたる宇宙滞在を終え、ソユーズ宇宙船(53S)にてに地上へ帰還しました。

≫続きを読む


2018年5月21日~5月27日

画像

5月21日から5月27日の金井宇宙飛行士は、「きぼう」日本実験棟での実験に関する作業、「きぼう」船内の荷物整理、「きぼう」エアロック関連作業などをを行いました。
そのほか、6月3日の帰還に向けて準備作業を始めました。

≫続きを読む


2018年5月14日~5月20日

画像

5月14日から5月20日の金井宇宙飛行士は、「きぼう」日本実験棟での実験に関する作業、船外活動準備作業、超小型衛星関連作業を行いました。

≫続きを読む


2018年5月7日~5月13日

画像

5月7日から5月13日の金井宇宙飛行士は、「きぼう」日本実験棟での実験に関する作業、船外活動準備作業、超小型衛星の設置などの準備作業を行いました。

≫続きを読む


2018年4月23日~5月6日

画像

4月23日から5月6日の金井宇宙飛行士は、5月11日に予定されている小型衛星放出機構(JEM Small Satellite Orbital Deployer:J-SSOD)を用いて実施する超小型衛星の放出に向けた準備作業を、4月30日に行いました。

≫続きを読む


2018年4月16日~4月22日

画像

4月16日から4月22日の金井宇宙飛行士は、宇宙ストレスにおける環境応答型転写因子の役割(Mouse Stress Defense)、 「きぼう」日本実験棟での実験に関する作業や、医学実験に関する作業などを行いました。

≫続きを読む


2018年4月9日~4月15日

画像

4月9日から4月15日の金井宇宙飛行士は、宇宙ストレスにおける環境応答型転写因子の役割(Mouse Stress Defense)、ほ乳類の繁殖における宇宙環境の影響(Space Pup)など、 「きぼう」日本実験棟での実験に関する準備と作業を行いました。

≫続きを読む


2018年4月2日~4月8日

画像

4月2日から4月8日の金井宇宙飛行士は、スコット・ティングル宇宙飛行士と共に、ドラゴン補給船運用14号機(SpX-14)の把持を実施、 また、宇宙ストレスにおける環境応答型転写因子の役割(Mouse Stress Defense)など、「きぼう」日本実験棟での実験に関する準備と作業を行いました。

≫続きを読む


2018年3月26日~4月1日

画像

3月26日から4月1日の金井宇宙飛行士は、高品質タンパク質結晶生成実験(JAXA PCG)など、「きぼう」日本実験棟での実験に関する作業や、医学実験に関する作業などを行いました。

≫続きを読む


2018年3月19日~25日

画像

3月19日から25日の金井宇宙飛行士は、高品質タンパク質結晶生成実験(JAXA PCG)など、「きぼう」日本実験棟での実験に関する作業や、医学実験に関する作業などを行いました。

≫続きを読む


2018年3月12日~18日

画像

3月12日から18日の金井宇宙飛行士は、宇宙ストレスにおける環境応答型転写因子の役割(Mouse Stress Defense)など、「きぼう」日本実験棟での実験に関する作業や、ソユーズ宇宙船の定期訓練、米国等の実験作業などを行いました。

≫続きを読む

2018年3月5日~11日

画像

3月5日から11日の金井宇宙飛行士は、沸騰・二相流体ループを用いた気液界面形成と熱伝達特性(Two-Phase Flow)など、「きぼう」日本実験棟での実験に関する作業や、米国等の実験作業などを行いました。

≫続きを読む

2018年2月26日~3月4日

画像

2月26日から3月4日の金井宇宙飛行士は、沸騰・二相流体ループを用いた気液界面形成と熱伝達特性(Two-Phase Flow)など、「きぼう」日本実験棟での実験に関する作業や、「きぼう」エアロックに関する作業、ドラゴン補給船運用14号機(SpX-14)の到着に向けた物品の整理などを行いました。

≫続きを読む

2018年2月19日~25日

画像

2月19日から25日の金井宇宙飛行士は、沸騰・二相流体ループを用いた気液界面形成と熱伝達特性(Two-Phase Flow)など、「きぼう」日本実験棟での実験に関する作業や、船外活動の後作業として、船内に回収したペイロード/軌道上交換ユニット把持装置(POA)の把持機構(LEE)を保管する作業などを行いました。

≫続きを読む

2018年2月13日~18日

画像

2月13日から18日の金井宇宙飛行士は、宇宙ストレスにおける環境応答型転写因子の役割(Mouse Stress Defense)など、「きぼう」日本実験棟での実験に関する作業や、Asian Try Zero-G 2018の実験、国際宇宙ステーション(ISS)の船外活動などを行いました。

≫続きを読む

2018年2月5日~12日

画像

2月5日から12日の金井宇宙飛行士は、沸騰・二相流体ループを用いた気液界面形成と熱伝達特性(Two-Phase Flow)など、「きぼう」日本実験棟での実験に関する作業や、Asian Try Zero-G 2018に向けた準備、緊急事態対処訓練などを行いました。

≫続きを読む

2018年1月29日~2月4日

画像

1月29日から2月4日の金井宇宙飛行士は、宇宙ストレスにおける環境応答型転写因子の役割(Mouse Stress Defense)など、「きぼう」日本実験棟での実験に関する作業や、2月3日に実施されたロシアの船外活動の支援などを行いました。

≫続きを読む

2018年1月22日~28日

画像

1月22日から28日の金井宇宙飛行士は、船外活動の支援や、別途予定されている自身の船外活動に向けた準備などを行いました。

≫続きを読む


2018年1月15日~21日

画像

1月15日から21日の金井宇宙飛行士は、沸騰・二相流体ループを用いた気液界面形成と熱伝達特性(Two-Phase Flow)など、「きぼう」日本実験棟での実験に関する作業や、「きぼう」のエアロック関連作業、米国等の実験作業を行いました。

≫続きを読む

2018年1月8日~14日

画像

1月8日から14日の金井宇宙飛行士は、ドラゴン補給船運用13号機(SpX-13)の帰還に向けた回収物品の梱包作業およびSpX-13への搭載作業や、「きぼう」のエアロック関連作業などを行いました。また、1月8日にはISSと地上をつないで交信イベントを行いました。

≫続きを読む

2017年12月26日~2018年1月8日

画像

2017年12月26日から2018年1月8日の金井宇宙飛行士は、軌道上で年末年始を過ごすとともに、「きぼう」日本実験棟での実験に関する作業や米国等の実験作業を行いました。

≫続きを読む


2017年12月19日~25日

画像

12月19日にISSに到着した金井宇宙飛行士ら3名のクルーは、ISSの安全に関する説明を受け、非常用装備品の確認などを行った後、12月20日から仕事を開始しました。

≫続きを読む


 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約