サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

宇宙ステーション補給機(HTV)

「こうのとり」7号機(HTV7)ミッション

HTV7ミッションロゴ

HTV7ミッションロゴ

宇宙ステーション補給機(H-II Transfer Vehicle: HTV)「こうのとり」は、国際宇宙ステーション(ISS)に補給物資を運ぶための輸送手段として、日本が開発した無人の宇宙船です。

「こうのとり」は、約6トンという世界最大の補給能力を有し、「こうのとり」のみが行える大型装置の搭載など、計画的な物資補給を着実に行い、ISSの安定した運用を支えています。


新着情報

画像:第48回日本産業技術大賞の贈賞式に参加しましたへリンク

第48回日本産業技術大賞の贈賞式に参加しました(2019年04月05日)

4月3日、経団連会館にて第48回日本産業技術大賞贈賞式が行われ、「HTV搭載小型回収カプセルの開発」で、永岡文部科学副大臣から文部科学大臣賞を授与されました。本賞はJAXAを含む9社の合同受賞です。

画像:筑波宇宙センターにおける小型回収カプセル技術実証 カプセル本体等の記者公開についてへリンク

筑波宇宙センターにおける小型回収カプセル技術実証 カプセル本体等の記者公開について(2018年11月27日)

2018年11月27日に筑波宇宙センターにて、南鳥島沖から回収したHTV搭載小型回収カプセル技術実証のカプセル本体等の記者公開を行いました。

画像:小型回収カプセル本体が筑波宇宙センターに到着へリンク

小型回収カプセル本体が筑波宇宙センターに到着(2018年11月19日)

11月17日(土)午後4時頃に「こうのとり」7号機(HTV7)の小型回収カプセル本体を積んだ輸送車両が筑波宇宙センターへ到着しました。

※断りのない限り、日時は日本時間です。

≫ これまでの履歴を見る

HTV7ミッション飛行計画(2018年11月11日現在)

項目 計画※1
HTVフライト名称 「こうのとり」7号機(第7回目のHTVフライト:HTV7)
打上げ日時 2018年9月23日(日) 午前2時52分27秒
ISSのロボットアームによる把持日時 2018年9月27日(木) 午後8時36分
ISSとの結合日時※2 2018年9月28日(金) 午前3時08分
ISSからの分離日時 2018年11月8日(木) 午前1時50分
大気圏への再突入※3推定時刻 2018年11月11日(日) 午前6時38分頃
HTV7着水推定時刻 2018年11月11日(日) 午前6時48分頃~午前7時12分頃
  • ※1 断りのない限り、日時は日本時間です。
  • ※2 電力・通信ラインの結合をもって「結合完了」となります
  • ※3 高度約120km

「こうのとり」7号機の主な搭載品

「こうのとり」7号機の主な搭載品は以下の通りです。

補給キャリア与圧部搭載品(船内物資)

  • 小型回収カプセル(HTV Small Re-entry Capsule:HSRC)
  • 利用実験関連品
    • 大型ラック
      • 米国実験ラック(Express Rack 9B)
      • 米国実験ラック(Express Rack 10B)
      • ESA生命維持ラック(Life Support Rack:LSR)
      • 米国生命科学グローブボックス(Life Sciences Glovebox:LSG)とLSG打上げ専用ラック
    • ループヒートパイプラジエータ(LHPR)技術実証システム
  • 搭乗員関連品
    • 生鮮食品
    • 宇宙飛行士の生活用品等

補給キャリア非与圧部搭載品(船外物資)

  • ISS用リチウムイオンバッテリ

最終更新日:2018年9月7日

「こうのとり」7号機の主な搭載品

「こうのとり」7号機では船内、船外物資合計で約6.2トン(小型回収カプセル含む)(船内物資約4.3トン、船外物資約1.9トン)をISSに運びます。

主な搭載品は以下の通りです。

*別途記載がない限り、このページの画像の出典はJAXAです。

補給キャリア与圧部搭載品(船内物資)

実験ラック

米国実験ラック2台(EXPRESSラック9Bおよび10B)
EXPRESSラック9B、10B(手前の2台)

EXPRESSラック9B、10B(手前の2台)

EXPRESSラックは⽶国の実験ラックで、従来使⽤していたEXPRESSラックの電⼒・通信・流体インタフェースを共通的に使うものだけに絞って簡略化したものです。今回、9B、10Bラックの2台を追加します。


⽶国⽣命科学グローブボックス(LSG)
⽶国⽣命科学グローブボックス(LSG)

⽶国⽣命科学グローブボックス(LSG)(出典:JAXA/NASA)

⽶国⽣命科学グローブボックス(Life Sciences Glovebox: LSG)は、ISSで2台⽬となる⼤型の科学実験⽤のグローブボックスで、「きぼう」内に設置します。


ESA⽣命維持ラック(LSR)
ESA生命維持ラック(LSR)

ESA生命維持ラック(LSR)(出典:エアバス社)

ヨーロッパ宇宙機関(ESA)が開発した⽣命維持ラック(Life Support Rack: LSR)は、⽔(H2O)を電気分解して酸素(O2)を⽣成すると共に、⽣成された⽔素(H2)を船内から除去した⼆酸化炭素(CO2)と反応(サバチエ反応)させて、⽔(H2O)とメタン(CH4)にし、副⽣成物として⽣じる⽔はまた電気分解に回すという効率的な⽣命維持システムを実証試験するための装置です。


実験関連機器

HTV搭載小型回収カプセル
HTV搭載小型回収カプセル

HTV搭載小型回収カプセル

「こうのとり」7号機では、ISSでのミッション終了後の地球への再突⼊の機会を利⽤し、⼩型回収カプセルを使って、⽇本が今まで有していなかったISSからの物資回収技術の技術実証を行います。

【参考】HTV搭載小型回収カプセル


ループヒートパイプラジエータ技術実証システム(LHPR)
ループヒートパイプラジエータ(LHPR)

ループヒートパイプラジエータ(LHPR)

将来の人工衛星の高効率排熱技術の開発に向けて、「きぼう」を利用してループヒートパイプを搭載した展開型ラジエータ(Loop Heat Pipe Radiator: LHPR)の軌道上実証を行います。軌道上で実証した成果を、次世代静⽌通信衛星を⾒据えた技術試験衛星9号機に採⽤される展開型ラジエータの設計に反映することで、衛星開発のリスク低減を図ることを目的としています。

【参考】国際競争力ある次世代静止通信衛星の実現に必要な熱制御技術の軌道上実証実験


小型衛星放出機構(J-SSOD)と超小型衛星(CubeSat)
小型衛星放出機構(J-SSOD)

小型衛星放出機構(J-SSOD)

2012年から実施してきた小型衛星放出機構(JEM Small Satellite Orbital Deployer: J-SSOD)を利用した超小型衛星(CubeSat)の放出は10回目のミッションとなります。

【参考】これまでに放出された超小型衛星


超小型衛星(CubeSat)

九州工業大学とシンガポール南洋理工大学(Nanyang Technological University)、一般社団法人リーマンサットスペーシズ、静岡大学が開発した超小型衛星を輸送します。

  • SPATIUM-I(九州工業大学/シンガポール南洋理工大学)
  • SPATIUM-I(サイズ:2U)

    SPATIUM-I(サイズ:2U)

    超小型衛星搭載用チップスケール(超小型)原子時計および上空の電離層の電子密度測定・3次元マッピングに向けた技術実証ミッション。


  • RSP-00(一般社団法人リーマンサットスペーシズ)
  • RSP-00(サイズ:1U)

    RSP-00(サイズ:1U)

    衛星搭載カメラによる画像撮影および地上送信技術実証。新型高速無線機の動作実験ミッション。


  • STARS-Me(静岡大学)
  • STARS-Me(サイズ:2U)

    STARS-Me(サイズ:2U)

    軌道エレベータの小規模デモンストレーション。2機体衛星+クライマー(移動機構)の構成実証評価ミッション。


食料・生活用品

生鮮食品
「こうのとり」5号機で運ばれた生鮮食品

「こうのとり」5号機で運ばれた生鮮食品

「こうのとり」7号機では、5号機、6号機に引き続き⽣鮮⾷品を輸送します。


補給キャリア非与圧部搭載品(船外物資)

ISS用新型リチウムイオンバッテリ
バッテリを搭載した曝露パレット

バッテリを搭載した曝露パレット

「こうのとり」7号機では、6号機に続いて、補給キャリア⾮与圧部の曝露パレットにISS⽤の新型バッテリ(⽇本製のリチウムイオン電池セルを採⽤)6台を搭載して運びます。


 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約