サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

宇宙ステーション補給機(HTV)

曝露パレットの移設が開始されました

最終更新日:2012年8月 6日
画像:SSRMSで補給キャリア非与圧部から引き出される曝露パレット

SSRMSで補給キャリア非与圧部から引き出される曝露パレット(出典:JAXA/NASA)

8月6日午後4時09分、国際宇宙ステーション(ISS)のロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)により、宇宙ステーション補給機「こうのとり」3号機(HTV3)の補給キャリア非与圧部から曝露パレットを引き出す作業が開始されました。

この後、曝露パレットは、「きぼう」ロボットアーム(JEM Remote Manipulator System: JEMRMS)に受け渡され、「きぼう」船外実験プラットフォームへ取り付けられる予定です。 曝露パレットには、日本のポート共有実験装置(Multi-mission Consolidated Equipment: MCE)とNASAの試験装置(SCAN Testbed)が搭載されています。

≫最新情報へ戻る

※断りのない限り、日時は日本時間です。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約