サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

トピックス

国際宇宙ステーション外部排熱システムの復旧について

最終更新日:2010年8月20日

国際宇宙ステーション(ISS)において、平成22年8月1日(日本時間)に発生した外部熱制御システム(External Thermal Control System: ETCS)の異常について、故障したポンプモジュールの交換作業を3回の船外活動により実施し、8月19日(日本時間)にISSのシステムは全て正常なコンフィギュレーションに復旧しました。

本異常に伴い、宇宙環境計測ミッション装置(SEDA-AP)と超伝導サブミリ波リム放射サウンダ(SMILES)を停止(温度管理している状態で待機)しておりましたが、SEDA-APについては装置の再起動を実施し、観測を再開する予定です。また、SMILESについては原因究明・復旧作業を再開しています。

「きぼう」の利用状況と今後の予定については、こちらをご覧ください。

「きぼう」の利用状況と今後の予定

これまでの経緯

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約