サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

野口聡一宇宙飛行士

第18次長期滞在クルー固有訓練(2007年11月14日)

2007年9月末から10月上旬にかけて、筑波宇宙センター(TKSC)にて国際宇宙ステーション(ISS)の第18次長期滞在クルー固有()の「きぼう」日本実験棟組立て・メンテナンスに関わる訓練が行われました。

訓練には、第18次長期滞在クルーの若田宇宙飛行士とバックアップクルーの野口宇宙飛行士、そして第18次長期滞在クルーを地上で支援するクルーサポートアストロノート(搭乗者支援宇宙飛行士)の古川宇宙飛行士が参加しました。

訓練では、「きぼう」全体のシステムに加え、第18次長期滞在クルーが行うエアロックの打上げ時の固定機構の取外し・点検作業や、2J/A(STS-127)ミッションで打ち上げられる船外実験プラットフォーム船外パレットの起動・点検、そしてロボットアームの点検作業やロボットアームを操作して船外パレットに搭載された衛星間通信システム(Inter-orbit Communication System: ICS)を船外プラットフォームに移送する運用などについて訓練を行いました。訓練には、「きぼう」のモックアップ(実物大模型)やシミュレータ、バーチャルリアリティ(VR)システムなどが使用されました。

また、今回の訓練には、軌道上のクルーがどの様な作業を行うのか理解を深めるために、「きぼう」の管制を行う運用管制チーム(JAXA Flight Control Team: JFCT)のメンバーが立ち会いました。軌道上のクルーは、JFCTのメンバーと協調しながら「きぼう」の組立てを進めます。

※:固有訓練とは、実際に軌道上で実施する作業に即した訓練を実施するものです。

「きぼう」エアロックのモックアップを使用した訓練(左から野口、若田、古川宇宙飛行士)

「きぼう」エアロックのモックアップを使用した訓練(左から野口、若田、古川宇宙飛行士)

「きぼう」エアロックのモックアップを使用した訓練

「きぼう」エアロックのモックアップを使用した訓練

ロボットアームのシミュレータを使用したICSの移送訓練

ロボットアームのシミュレータを使用したICSの移送訓練(左から若田、野口両宇宙飛行士)

「きぼう」ロボットアーム訓練

「きぼう」ロボットアーム訓練

≫最新情報へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約