サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーションの組立フライト 19A(STS-131)

STS-131ミッション 飛行4日目開始

写真:ハーモニーに取り付けられたレオナルド

ハーモニーに取り付けられたレオナルド

飛行4日目の作業が開始された国際宇宙ステーション(ISS)では、米国中部夏時間4月7日午後11時24分(日本時間4月8日午後1時24分)、「レオナルド」(多目的補給モジュール1)が、「ハーモニー」(第2結合部)に取り付けられました。

飛行4日目後半には、レオナルドが起動され、クルーがレオナルドに入室する予定です。その後、レオナルドで運搬した機器をISSへ移送する作業が開始されます。

現在NASAでは、機体が再突入に問題がないか評価するために、機体の損傷点検などで得られたデータの解析が進められています。

なお、本日は、山崎宇宙飛行士らSTS-131クルーとISS長期滞在クルーは、4月7日午後7時21分(同4月8日午前9時21分)に山崎宇宙飛行士のためにかけられた映画「天空の城ラピュタ」の曲「ハトと少年」で起床しました。

STS-131 NASAステータスレポート#06
NASA発行のレポートの仮訳です。
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約