サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーションの組立フライト 19A(STS-131)

船外活動

最終更新日:2010年04月08日

STS-131ミッションでは、3回の船外活動が予定されています。

各船外活動は、2名の船外活動クルーで行います。STS-131ミッションでは、リチャード・マストラキオ、クレイトン・アンダーソン両宇宙飛行士の2名が船外活動を実施します。

写真

STS-128ミッションでのアンモニアタンク(ATA)取付けの様子(提供:NASA)

リチャード・マストラキオ(左)、クレイトン・アンダーソン(右)両宇宙飛行士

リチャード・マストラキオ(左)、
クレイトン・アンダーソン(右)
両宇宙飛行士(提供:NASA)


実施日:飛行5日目
主な実施内容:

>> 詳細ページへ

実施日:飛行7日目
主な実施内容:
  • 古いATAの取外し
  • 新しいATAの設置

>> 詳細ページへ

実施日:飛行9日目
主な実施内容:
  • 古いATAの回収
  • 軽量取付け台(Lightweight Adapter Plate Assembly: LWAPA)の回収

>> 詳細ページへ

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約