サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

宇宙ステーション補給機(HTV)

HTV技術実証機(初号機)の熱真空試験、音響試験完了

最終更新日:2008年10月30日

筑波宇宙センター(TKSC)の総合環境試験棟では、宇宙ステーション補給機(H-II Transfer Vehicle: HTV)技術実証機(初号機)の試験が行われています。

2008年9月3日に、電気モジュールと推進モジュールを結合した本体部分の熱真空試験が完了し、全ての熱真空試験が完了しました。

9月11日には、補給キャリア与圧部が反響室に搬入され、9月16日~18日の間、補給キャリア与圧部の音響試験が行われました。音響試験では、ロケット打上げ時の固体ロケットモータからの振動や、遷音速飛行時の空力加振によるフェアリング内の音響環境を模擬して、構造物や機器類の耐音響性を確認します。10月21日~28日の間、曝露パレットを搭載した補給キャリア非与圧部、電気モジュールと推進モジュールを結合した本体部分の音響試験が行われました。

今後、音響試験完了後には、初めてHTVの全機結合や、各種機能試験が行われ、これらの試験結果を評価して機能に問題がないことが確認された後、種子島宇宙センターへ搬送され、打上げの最終準備段階に入ります。

写真:熱真空試験が終了した13mφスペースチャンバ内のHTV本体部分(電気モジュールと推進モジュールの結合体)

熱真空試験が終了した13mφスペースチャンバ内のHTV本体部分(電気モジュールと推進モジュールの結合体)

写真:曝露パレットを搭載した補給キャリア非与圧部とHTV本体部分(電気モジュールと推進モジュールの結合体)を組み立てた状態(音響試験前の様子)

曝露パレットを搭載した補給キャリア非与圧部とHTV本体部分(電気モジュールと推進モジュールの結合体)を組み立てた状態(音響試験前の様子)

≫最新情報へ戻る

※断りのない限り、日時は日本時間です。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約