サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

宇宙ステーション補給機(HTV)

「こうのとり」6号機、種子島宇宙センターにてプレス公開

最終更新日:2016年10月19日

「こうのとり」6号機機体公開の様子

公開された「こうのとり」6号機

(出典:JAXA。いずれもTNSC第2衛星フェアリング組立棟にて撮影)

10月19日、種子島宇宙センター(TNSC)において、報道関係者向けに宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機(HTV6)のミッション説明および機体公開が行われました。打上げ前の実機を見ることができる機会に、多くの報道関係者が集まりました。

機体公開前の「こうのとり」6号機のミッション説明では、JAXA有人宇宙技術部門 植松 洋彦 HTV技術センター長により、「こうのとり」6号機の搭載品や「こうのとり」の概要、これまでの運用実績や改良点、打上げに向けた準備状況などが説明されました。
また、深刻化するデブリ問題解決に向け、「こうのとり」6号機の飛行機会を活用し、世界に先駆けて700mの導電性テザーを使い推進力発生原理の確認などを行う軌道上要素技術実証「HTV搭載導電性テザーの実証実験(KITE)」について、JAXA研究開発部門 井上浩一KITEチーム長による概要説明が行われました。

「こうのとり」6号機は、今後、推進薬の充填や衛星フェアリングへの格納、H-IIBロケット6号機との結合など、打上げに向けた最終準備段階を経て、種子島宇宙センターから打ち上げられる予定です。「こうのとり」6号機の打上げは、12月9日午後10時26分頃(最新のISSの軌道により決定します)を予定しています。

※断りのない限り、日時は日本時間です。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約