サイトマップ


実験期間は約二日間です。



まず、乾燥したキュウリの種を、スポンジ状の支持体にさした状態で、容器に入れて打ち上げます。



宇宙でこの支持体に水を注ぐことで実験が始まります。 最初は根の伸びる方向をそろえるために、回転するローター上の重力がある環境で成長させます。



18時間後に、飽和食塩水を含んだ濾紙を容器中の種と反対側に貼り付けます。 すると、食塩水は周りの水分をどんどん吸い込んでいきます。 この吸湿性によって、水を含んだ支持体と食塩水の間に湿度勾配ができます。 もし食塩水を含んだ濾紙を貼らなけれぱ、水分が一様に容器内に広がってしまい、どこも水分が高い状態になってしまい、湿度勾配ができません。 根は、湿度勾配を感じて水の多い方向に伸びるので、湿度勾配のないところでは、水分と根の伸び方の関係をつかむことができません(図1)。



食塩水を含ませた濾紙を貼ってから4時間後と23時間後に根のサンプルをとって、その状態を保つように処理をして冷蔵保存します。 また、実験中、画像の撮影も行います。

図1 実験容器を横から見た図
キュウリの種をスポンジにさし、水を与えて発芽させる。 容器の反対側の濾紙に食塩水を含ませると、スポンジから 蒸発した水分が食塩水の方に吸い込まれ、湿度の勾配ができる。 この勾配の中で根がどの方向に伸びるかを調べる。


実験の背景 | 実験の目的 | 実験内容 | ココがポイント! | 成果


Hydro Tropi トップページへ | 「きぼう」での実験ページへ | ISS科学プロジェクト室ページへ

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約  ヘルプ