JAXAトップページへ
 JAXAトップページへ宇宙ステーション・きぼう広報・情報センターサイトマップ
 

国際宇宙ステーションと日本の実験モジュール「きぼう」

国際宇宙ステーションNASAステータスレポート #03-52

<< #03-51 | #03-53 >>
homeindexback

第7次長期滞在クルー
2003年10月18日(土) 午前 1時00分(米国中部夏時間)
2003年10月19日(日) 午後 3時00分(日本時間)


新しいクルーが、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて米国中部夏時間10月18日午前0時37分(日本時間10月18日午後2時37分)にカザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地からロシアのソユーズロケットにより打ち上げられ、所定の速度で地球周回軌道に投入されました。

ソユーズ8宇宙船(訳者注:今回打ち上げられたソユーズTMA-3宇宙船)で打ち上げられたISSの第8次長期滞在クルーのコマンダーでサイエンスオフィサーのマイケル・フォールとロシアの宇宙飛行士のアレクサンダー・カレリには欧州宇宙機関(ESA)のスペイン人宇宙飛行士のペドロ・デュークが同伴しています。この3人の乗った宇宙船は10月20日午前2時17分(同10月20日午後4時17分)にISSにドッキングし、ISSとソユーズ宇宙船の間のハッチは午前5時14分(同午後7時14分)に開かれる予定です。フォールとカレリは国際的な研究活動のため軌道上に6ヶ月間滞在します。ESAとロシア航空宇宙局(Rosaviakosmos)との商業契約の下で飛行を行うデュークはいくつかの科学実験を行いながら1週間ISSに滞在する予定です。

フォールとカレリは、4月から軌道上に滞在していた第7次長期滞在クルーのコマンダーのユーリ・マレンチェンコとNASAサイエンスオフィサーのエドワード・ルーと交替する予定です。マレンチェンコとルー、デュークは、10月27日にソユーズ7宇宙船(訳者注:6Sで飛行し現在ISSにドッキングしているソユーズTMA-2宇宙船)でISSから離脱し、その数時間後にカザフスタン共和国に着陸する予定です。

今週、5名の宇宙飛行士たちは、軌道上での活動の引継ぎのため、さまざまな合同活動を行います。この中には、10月21日午前8時45分(同10月21日午後10時45分)から行われるABCニュースとヒューストンクロニクルのインタビュー、10月22日午前9時25分(同10月22日午後11時25分)から行われるCNNとCBSニュースのインタビュー、10月23日午前10時(同10月24日午前0時)から行われるクルーのニュース会議、そして10月24日午後1時20分(同10月25日午前3時20分)から行われる公式な指揮権の交代セレモニーが含まれています。デュークと第7次長期滞在クルーを乗せたソユーズ7宇宙船の切り離しは米国中部標準時間10月27日午後5時20分(同10月28日午前8時20分)に行われ、カザフスタン共和国に午後8時36分(同午前11時36分)に着陸する予定です。

ISSクルーの活動状況、今後の打上げ日、また地上のある地点からのISSの可視状況などについてはhttp://spaceflight.nasa.gov/をご覧ください。

ISSでの科学実験の模様については、アラバマ州ハンツビルのNASAマーシャル宇宙飛行センターのペイロード運用センターのサイトhttp://scipoc.msfc.nasa.gov/をご覧ください。

次回のISSステータスレポートは、10月20日のソユーズ8宇宙船のISSへのドッキングの後、または何かイベントが生じた際に発行する予定です。


出典:http://spaceflight.nasa.gov/spacenews/reports/issreports/2003/iss03-52.html

*併記の無い限り日時はすべて米国日時とします。

最終更新日:2003年10月20日

<< #03-51 | #03-53 >>
homeindexback
JAXAトップページへサイトポリシー