サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

若田宇宙飛行士の活動状況(2014年4月 2日)

4月1日、国際宇宙ステーション(ISS)のクルーは多くの定期メンテナンス作業と2機の補給船(プログレス補給船(55P)、シグナス補給船(Orb-2))の到着に備えた準備を行っています。

若田宇宙飛行士とスティーブン・スワンソン宇宙飛行士は、「トランクウィリティー」(第3結合部)にあるISSトイレ(Waste and Hygiene Compartment: WHC)のリサイクルタンクの交換を行いました。

タンク交換が2ヶ月ぶりとなったので、ふたりは薄めた殺菌剤で処理を行いました。

その後、ふたりは、水質をチェックするために水再生システム(Water Recovery System: WRS)の水処理装置(Water Processing Assembly : WPA)から有機炭素分析器(Total Organic Carbon Analyzer: TOCA)へサンプル回収用ホースを繋ぎました。

断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約