サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

星出彰彦宇宙飛行士

星出宇宙飛行士の作業状況(2012年11月16日)

11月15日、星出宇宙飛行士は、国際宇宙ステーション(ISS)船内のメンテナンス作業などを主に実施しました。

定期的な音響環境計測の一環として、「きぼう」日本実験棟船内実験室、「ハーモニー」(第2結合部)、「ラスヴェット」(ロシアの小型研究モジュール1)に設置されていた音響環境を計測する機器を回収し、24時間分の計測データをダウンロードしました。その後、機器の片づけを行いました。

「クエスト」(エアロック)にて、動作不良となっていた空調装置(Common Cabin Air Assembly: CCAA)などを制御する遠隔電力制御モジュール(Remote Power Controller Module: RPCM)の交換作業を、約3時間半かけて実施しました。

JAXAの「宇宙ふしぎ実験」に関する作業として、ハイビジョンカメラ(HDTV)とマルチプロトコルコンバータ(Multi Protocol Converter: MPC)を起動し、氷を使用した実験の様子を映像と写真で記録しました。その後、記録データを地上に送信する作業を行いました。

星出宇宙飛行士帰還、インターネットなどでライブ中継!

写真:地球を背景とした星出、ウィリアムズ両宇宙飛行士(9月24日撮影)

地球を背景とした星出、ウィリアムズ両宇宙飛行士(9月24日撮影)(出典:JAXA/NASA)

星出宇宙飛行士は、サニータ・ウィリアムズ、ユーリマレンチェンコ両宇宙飛行士とともにソユーズ宇宙船(31S)に搭乗し、日本時間11月19日午前7時26分にISSを離れ、同日午前10時53分に地上へ帰還する計画です。

星出宇宙飛行士らの帰還の模様を、インターネットやパブリックビューイングなどでライブ中継します。放送内容や予定日時などの詳細はライブ中継のページをご覧ください。多くの皆様のご視聴・ご参加をお待ちしています。

ライブ中継を見て星出宇宙飛行士を応援しよう!

断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

≫最新情報へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約