サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

星出彰彦宇宙飛行士

星出宇宙飛行士、SSRMSの軌道上訓練を継続(2012年7月20日)

交信イベントでの星出宇宙飛行士(7月19日)(出典:JAXA/NASA)

交信イベントでの星出宇宙飛行士(7月19日)(出典:JAXA/NASA)

7月19日、星出宇宙飛行士は、昨日に引き続き、宇宙ステーション補給機「こうのとり」3号機(HTV3)の到着に備えた訓練を継続しました。

ジョセフ・アカバ宇宙飛行士とともに、地上の専門家の支援を受けながら、国際宇宙ステーション(ISS)のロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)を使用して「こうのとり」3号機を把持し、ISSへ係留させるための訓練を実施しました。

訓練のほか、ISSでの生活を維持するための作業の引継ぎとして、アカバ宇宙飛行士とともにISSのトイレ(Waste and Hygiene Compartment)で流す洗浄液の補充を行いました。

また、NASAの宇宙飛行士室の担当者とSバンド通信で会議を行ったほか、地上との交信イベントを実施しました。

断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

≫最新情報へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約