JAXAトップページへ
 JAXAトップページへ宇宙ステーション・きぼう広報・情報センターサイトマップ
 
更新履歴 ビデオライブラリNASA TV
NASAステータスレポート
4Rフライトの概要
プログレスM-DC1宇宙船
ドッキング室 1(DC-1)
これまでのISS組立状況
発表文
リンク

ISSとドッキングしたDC-1
ドッキング映像
Real Video (28K 56K


 米国中部夏時間2001年9月26日10時36分、国際宇宙ステーション(ISS)のドッキング室 1(DC-1:愛称ピアース)から推進モジュールが切り離されました。
 推進モジュールはスプリングの力によりISSから分離し、毎秒約4mの速度でスラスタによる汚染の心配のないところまで遠ざかり、ここでスラスタを噴射してISSから約24kmの地点まで移動した後、軌道離脱噴射を実施して大気圏に突入、焼失しました。

     ミッションの状況についてはこちらをご覧ください。

 DC-1は「ズヴェズダ」モジュールの地球側ドッキングポートに接続されます。DC-1はソユーズ宇宙船又はプログレス宇宙船が1機ドッキングすることができるのと同時に、エアロックの役割も果たすものであり、DC-1のハッチを出入り口としてロシアの宇宙服を使用しての船外活動が実施できるようになります。


4Rの飛行計画概要 (9月17日現在)
打上日時2001年9月15日午前8時35分 日本時間(JST)
2001年9月15日午前5時35分 バイコヌール夏時間
2001年9月15日午前3時35分 モスクワ夏時間
2001年9月14日午後6時35分 米国中部夏時間(CDT)
射 場カザフスタン共和国、バイコヌール宇宙基地
打上げロケットソユーズ-Uロケット
宇宙船の名称プログレスM-DC1
軌道高度ISSとのランデブー高度 : 約390km
軌道傾斜角51.6度
ドッキング日時2001年9月17日午前10時05分 日本時間(JST)
2001年9月17日午前5時05分 モスクワ夏時間
2001年9月16日午後8時05分 米国中部夏時間(CDT)



JAXAトップページへサイトポリシー