サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2009年7月

ISS長期滞在訓練

最終更新日:2009年8月31日
フォトライブラリへ

船外活動の準備、片付け作業の訓練の様子(右から野口、古川、クリーマー宇宙飛行士)

国際宇宙ステーション(ISS)の第22次/第23次長期滞在クルーである野口宇宙飛行士は、NASAジョンソン宇宙センター(JSC)にて、ISS長期滞在に向けた訓練を行いました。

野口宇宙飛行士は、第22次/第23次長期滞在クルーのティモシー・クリーマー宇宙飛行士とバックアップクルーの古川宇宙飛行士とともに、「クエスト」(エアロック)のモックアップ(実物大の訓練施設)を使用して、船外活動ユニット(Extravehicular Mobility Unit: EMU)の整備作業など、船外活動の準備や片付け作業の手順を確認しました。

フォトライブラリへ

シミュレータ上でロボットアームを操作する野口宇宙飛行士(手前)

また、クリーマー宇宙飛行士とともに、バーチャルリアリティ(VR)システムを使用してISSのロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)と「きぼう」日本実験棟のロボットアームの運用を摸擬した訓練を行いました。訓練では、宇宙ステーション補給機(H-II Transfer Vehicle: HTV)の曝露パレットを「きぼう」のロボットアームからSSRMSに渡し、HTVの補給キャリア非与圧部に移送する手順を確認しました。

フォトライブラリへ

アマチュア無線交信を行う野口宇宙飛行士

その他、ISS長期滞在中に実施する予定のアマチュア無線での交信イベントの予行演習を行い、「ズヴェズダ」(ロシアのサービスモジュール)のモックアップの訓練機器を使用して、実際に米国の学校と交信を行いました。

野口聡一宇宙飛行士
JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約