JAXAトップページへ
 JAXAトップページへ 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター サイトマップ
 

ISS搭乗宇宙飛行士

ISS搭乗宇宙飛行士活動レポート 2004年2月

homeindexback

ISS搭乗宇宙飛行士の2004年2月の活動状況についてご紹介します。1月下旬から3月初旬にかけてロシアにおいてソユーズ宇宙船に係る訓練を行いました。

ソユーズ訓練

講義の様子

古川・星出・角野宇宙飛行士は、ロシアのガガーリン宇宙飛行士訓練センター(GCTC)にて、ソユーズ宇宙船に係る訓練を受けました。この訓練は、ソユーズ宇宙船の運航技術者の資格を取得することを目的とし、第1回目は2003年7~9月にかけて行われました。訓練は全体で約6ヶ月かかり、今回は2回目の前半となります。

約6週間におよんだ訓練の一部を紹介します。

3名の宇宙飛行士は、ソユーズ宇宙船のテレビや熱制御などのシステムのほか、船外活動用宇宙服であるオーラン宇宙服や、ロシアの船外活動などについて講義を受けました
。 また、Egressシミュレータと呼ばれる訓練設備を使い、オーラン宇宙服を着用しての船外活動訓練を行いました。Egressシミュレータとは、地上でオーラン宇宙服を宇宙と同じ差圧まで加圧し、ワイヤーなどで体を支えることによって無重力を模擬する訓練設備です。
3人は、このシミュレータを使用して船外活動の基本操作や、宇宙服に緊急事態が発生した場合の対処法、通常及び緊急時のエアロックの操作法などの訓練を行いました。

訓練設備での説明を受ける オーラン宇宙服の説明を受ける オーラン宇宙服の説明を受ける オーラン宇宙服の説明を受ける
訓練設備での説明を受ける
オーラン宇宙服の説明を受ける
訓練設備の操作 船外活動シミュレーション 船外活動シミュレーション 船外活動シミュレーション
訓練設備の操作 船外活動シミュレーション
船外活動シミュレーション 船外活動シミュレーション オーラン宇宙服は背中から出入りする ソユーズ帰還モジュールシミュレータ
船外活動シミュレーション
オーラン宇宙服は背中から出入りする
ソユーズ帰還モジュールシミュレータ

訓練の最終週には、Hydro Laboratory(通称「ハイドロラブ」)という訓練施設でスキューバダイビングを行いました。これは、次回訓練時に行われる宇宙服を着ての水中訓練に先立ってスキューバダイビングのスキルレベルをチェックするものですが、ダイバーが意識を失った場合の緊急対処訓練のほか、水中に設置されたISSロシア要素のモックアップの視察も行いました。

ガガーリン宇宙飛行士訓練センター(GCTC)では、ロシア宇宙飛行士のほかNASAや欧州宇宙機関(ESA)、カナダ宇宙庁(CSA)の宇宙飛行士も訓練中で、世界の宇宙飛行士と交流がもてるのも大変有意義なことです。

なお、ソユーズ宇宙船に係る第2回目訓練の後半は、2004年度上期に予定されています。

最終更新日:2004年3月19日

ISS搭乗宇宙飛行士活動レポート 2004年1月 ISS搭乗宇宙飛行士活動レポート 2004年3月
homeindexback
JAXAトップページへサイトポリシー