サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXAの宇宙飛行士

大西宇宙飛行士のNEEMO日記(第9回)「10月18日:閑話休題その2」

最終更新日:2011年10月19日

本日のデザート

キーライムパイというパイをご存知でしょうか?フロリダ州のキー列島に自生するキーライムを使って作るパイです。この辺りの名物らしく、どこのレストランのデザートメニューにも載っているくらいメジャーなデザートです。しかも、「The best key lime pie(うちのが一番)」と謳うレストランがいくつも。

KeyLimePie

Deep fried key lime pie

私たちがキーラーゴに到着してから早10日近く経とうとしています。既に近辺のめぼしいレストランは行き尽くし、2周目に入ろうかというところ。チームの間では、そのキーライムパイが大ヒット!!

毎晩毎晩、必ずオーダーします。そして、ここのは美味しいだの、あっちの方が美味しかっただの、真剣に議論してます。

日本人的な味覚からすると、ちょっとこってりし過ぎていて、甘さも強く、私はいつも他の人のを2,3口つまませてもらうだけなのですが。

なんとこのパイ、フロリダ州の「Official state pie(州のパイ)」だとか。日本で言うところの、○○県の花みたいなやつですね。(日本語で言えば"茨城県のパイ"ってところでしょうか・・・?)

KeyLimePie

Deep fried key lime pie

さてそのキーライムパイ(この話はまだ続くのです)。昨日みんなで晩御飯を食べに行ったレストランでは、なんと「Deep fried key lime pie」なるものが。直訳すると、キーライムパイの唐揚げor天ぷら。さすがにそれはないだろ・・・、と思っていると、

何人も頼んでるし!!

しっかり一口頂きましたが。うーん、どうなんでしょう、これは。さすがに揚げる意味がわかりません。チームの中でも微妙な意見が多かったです。

そしてついに今日。

Patisserie David&Steve with Takuya

左:デイビッド、右:スティーブ(撮影:筆者)

自分たちで作ってるし!!

今回のNEEMO15のコマンダー、シャノン・ウォーカー(NASA宇宙飛行士、以下シャノン)が晩御飯を作ってくれるというので、それならとばかりに男性陣でキーライムパイ作りを買って出たのです。

スティーブがキーライムを担当、デイビッドがパイ生地を担当します。

え?私ですか?私は一生懸命、ミキサーで卵の黄身とコンデンスミルクをかき混ぜました。左上の写真でデイビッドの奥に見えてるのが、私の作品です。

そういうわけで、今日の夜はコンドミニアムで自炊です。シャノンがエンチラーダというメキシカン料理を作ってくれました。メキシカンが日常的に食べられているテキサス出身だけあって、美味しいです。

そしてデザートに登場した我々のパイがこちら。

Patisserie David&Steve with Takuya

(提供:NASA)

シャノン「誰が最初に食べるの?これ」

その他「いや、それはやっぱり、コマンダーでしょ」


シャノン「・・・・・」


シャノンがパイを一口ぱくり。


シャノン「悪くない、美味しい!」

それを確認してから、パイを口に運ぶ私たち。確かになかなかの出来のようです。お店のと比べても、十分遜色ない気がします。

こうして、キーラーゴの夜は更けていきます。

それはそうと、アクエリアスの中では一体どんなものを食べるんでしょう。料理するんでしょうか。気になりますよね?その辺りもしっかり、レポートしたいと思います。お楽しみに。

NASAによるNEEMO15の写真リリースが始まりました。こちらでご覧頂けます。


シャノン・ウォーカー

NEEMO15コマンダー、シャノン・ウォーカーと(提供:NASA)


≫「大西宇宙飛行士のNEEMO日記」一覧へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約