サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーション(ISS)

国際宇宙ステーション(ISS)のクルー

最終更新日:2020年4月 3日

国際宇宙ステーション(ISS)には、2000年11月2日から3名の宇宙飛行士が滞在を開始しました。2003年2月のスペースシャトル・コロンビア号事故を受けて、2003年4月の第7次から第12次までの長期滞在クルーは2名になりました。2006年7月に第13次長期滞在クルーに1名加わり、3名での滞在に戻りました。
2009年5月末の第20次長期滞在クルーからは、6名体制になりました。

過去の長期滞在クルー


現在および次期以降のクルー

(注)打ち上げ・帰還は日本時間表記です。ただし、※印の箇所のみ米国時間表記です。
また、今後の打ち上げ予定日についてはISSの運用に係る国際調整により決定され、変更される場合があります 。

第63次長期滞在クルー

飛行名:62S(ソユーズ宇宙船)
  • 打ち上げ予定日(62S):2020年4月9日(クリストファー・キャシディ、アナトーリ・イヴァニシン、イヴァン・ヴァグナー)

Christopher J. Cassidy

クリストファー・キャシディ

NASA宇宙飛行士

(63次長期滞在クルー)

1970年、米国マサチューセッツ州生まれ。
海洋工学修士。
米海軍特殊部隊「シール」に10年間所属。
STS-127ミッションクルー(2009年)、第35次/第36次長期滞在クルー(2012年-2013年)としてISSに滞在。今回が3回目の飛行。

Anatoly Ivanishin

アナトーリ・イヴァニシン

ロシア宇宙飛行士

(63次長期滞在クルー)

1969年、ロシアのイルクーツク生まれ。元ロシア空軍中佐。
2005年にロシアテスト宇宙飛行士として認定される。
古川宇宙飛行士とともに第29次長期滞在 、引き続き第30次長期滞在(2011年-2012年)クルー、大西宇宙飛行士とともに第48次/第49次長期滞在クルー(2016年)としてISSに滞在した。今回が3回目の飛行となる。

Ivan Vagner

イヴァン・ヴァグナー

ロシア宇宙飛行士

(63次長期滞在クルー)

1985年、ロシアのアルハンゲリスク州生まれ。予備役中尉。
2012年にロシアテスト宇宙飛行士として認定される。
2017年、第53次/第54次長期滞在バックアップクルー(2016年、飛行計画変更に伴うクルー変更により、バックアップクルーとなった)。
今回が初飛行となる。

第61次長期滞在クルー

飛行名:61S(ソユーズ宇宙船)
  • 打ち上げ日(59S):2019年7月21日(アレクサンダー・スクボルソフ、ルカ・パルミターノ、アンドリュー・モーガン)
  • 打ち上げ日(61S):2019年9月25日(オレッグ・スクリポチカ、ジェシカ・メイヤー、ハッザ・アル・マンスーリー)

Oleg Skripochka

オレッグ・スクリポチカ

ロシア宇宙飛行士

(第61/62次長期滞在クルー)

ロシア宇宙飛行士。
1969年、ロシア生まれ。
1999年にRSCエネルギア社の宇宙飛行士候補者に選抜される。
2010年から2011年にかけて、第25次/第26次長期滞在クルーとして初飛行。ISSに長期滞在した。
2016年3月、ソユーズTMA-20M宇宙船(46S)で打ち上げられ第47次/第48次長期滞在クルーとしてISSに滞在。今回が3回目の飛行。

Jessica U. Meir

ジェシカ・メイヤー

NASA宇宙飛行士

(第61/62次長期滞在クルー)

NASA宇宙飛行士。
米国メイン州生まれ。
カリフォルニア大学サンディエゴ校スクリップス海洋研究所で海洋生物学学位取得。海洋生物学博士(Ph.D.)。
2013年に宇宙飛行士となる。今回が初飛行となる。

Andrew R. Morgan

アンドリュー・モーガン

NASA宇宙飛行士

(第60/61/62次長期滞在クルー)

NASA宇宙飛行士。
1976年、米国ウェスト・バージニア州 モーガンタウン生まれ。
陸軍士官学校卒業。医学博士(M.D.)。
2013年に宇宙飛行士となる。第57次/第58次、および第58次/第59次長期滞在クルーのバックアップクルーを務める。今回が初飛行となる。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約