JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク
 JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク 螳螳吶せ繝繝シ繧キ繝ァ繝ウ繝サ縺阪⊂縺蠎蝣ア繝サ諠蝣ア繧サ繝ウ繧ソ繝シ 繧オ繧、繝医槭ャ繝
 
宇宙実験
打上げにはロシアのソユーズTMA-4が使用されました。
このフライトは国際宇宙ステーションの搭乗員交代という大きな目的がありました。同時にICE-FIRSTを含む数種類の生物系宇宙実験が搭載されました。これが、DELTA MISSIONです。フライト経過は以下のとおり発表されました(時刻はGMT[JST-8])。
  • 打上げ:Baikonour Cosomodrome, Kazakhstan
    2004年4月19日 03:19
  • ISSへのドッキング
    2004年4月21日 05:03
  • ISSからの離脱
    2004年4月29日 20:52
  • 地上への帰還(着陸):Kazak Steppe, near town of Arkalyk
    2004年4月30日 00:11
試料準備

■試料準備: 国内作業と試料輸送
日本が実験に使用する系統のC. elegansは、各研究者からJAXA筑波宇宙センター(TKSC)に集約され、搭載試料作成場所である、フランス、ツールーズ市のGSBMSに向けて輸送されました。
輸送途中で何らかのトラブルがあることも想定し、確実に試料を到着させるため、輸送は国際宅配便と手持ちの2とおりとしました。どちらも無事に到着しました。

日程(2004年) 項目
3月 JAXA TKSCにおけるEC-1、CCAを用いた試料作成最終リハーサル
4/4 各研究者の使用する系統のC. elegansをTKSCに集約
4/6 国際宅配便による搭載試料をGSBMSに向け発送
4/7 バックアップ搭載試料を手持ちでGSBMSへ輸送
東京→(航空機)→パリ→(列車)→GSBMS@ツールーズ
TOP

■試料作成: GSBMS作業から打上げまで

日程 項目
4/7 試料作成の日本チーム GSBMS 到着 試料の確認、実験室セットアップ作成試料の再確認 (日本チーム:左から、敬称略)
東北大:東谷、
JAXA:石岡、
東京都老人総合研究所:本田
JAXA:栗山 @GSBMS
4/8、9 DRY RUN:試料作成手順の確認、試料作成手順の習熟、器具使用法の習熟
4/10,11 培養中のC. elegansの状態確認
4/12,13 搭載試料および対照実験試料の作成
国際共同作業
EC-1+培養バッグ
CCA
4/14 19:00
試料を打上げ地点への輸送チームへ引き渡し。試料は12℃に制御した輸送用恒温槽に収納
輸送用恒温槽
GSBMSからの出発
4/15 ツールーズから、パリ経由モスクワ着
4/16 バイコヌール到着
4/18 搭載試料最終確認
4/19 16:00
ミッション管理者に試料引き渡しKUBIK TOPAZ(20℃)に収納ソユーズへ搭載0:39(GMT)打上げ
TOP
打上げ、軌道上実験、帰還
日程 項目
4/21 KUBIK TOPAZをISSへ移送
試料をKUBIK TOPAZからKUBIK AMBER(遠心器付き)へ移動
(遠心器が動作しないため、軌道上1G実験群も微小重力実験群に変更)
4/28 一部の試料の化学固定(日本の試料)
4/29 試料をKUBIK AMBERから輸送用保温ケースに入れ替え
4/30 0:11 帰還

■プロトコル概略

打上げから帰還までの試料保管温度

■搭載試料

回収方法 軌道上実験区
軌道上1G実験区(予定)→微小重力実験区 微小重力実験区
化学固定 CCA 1個
<試料名称>
CF1 (CCA)
CCA 2個
<試料名称>
MF1 (CCA)
MF2 (CCA)
生きた状態 EC-1 2個
<試料名称>
CA1 (CB10)
CA2 (CB10)
EC-1 3個
<試料名称>
MA1 (CB10)
MA2 (CB10)
MA3 (CB10)
略称の意味
CF
Cは軌道上で試料を遠心器(Centrifuge)に搭載する、軌道上1G対照実験群、Fは軌道上で固定(Fixation)する試料。
MF
Mは軌道上で試料を遠心器に搭載しない、軌道上微小重力(Microgravity)実験群、CFのFに同じ。
CA
CFのCに同じ。Aは生きた状態(Alive)で回収する試料。
CB10
Culture Bag による10 mlの培養。
MA
MはMFのMに同じ。AはCAのAに同じ。
TOP
帰還から日本へ
日程 項目
4/30 0:11 着陸
2:00 着陸地点での、試料引き取り
着陸直後
着陸直後の試料
試料の引き渡し
ツールーズへ
5/2、3、4 回収試料、地上対照実験試料の処理、日本への輸送
GSBMSでの試料処理
日本への輸送試料
日本への輸送
5/6 日本着:試料確認、仕分け等
5/10 各研究者へ発送
TOP
JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク繧オ繧、繝医昴Μ繧キ繝シ