サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーション

STS-133 NASAステータスレポート#17

最終更新日:2011年3月 7日
« STS-133-16 | 一覧 | STS-133-18 »

2011年3月4日(金) 午後6時00分(米国中部標準時間)
2011年3月5日(土) 午前9時00分(日本時間)

本日は、スペースシャトル「ディスカバリー号」のクルーにとって動き回る1日でした。ディスカバリー号のクルーは、国際宇宙ステーション(ISS)での2日間の延長日のうちの初日は、恒久型多目的モジュール(Permanent Multipurpose Module: PMM)からの物資移送を進めました。

クルーは、米国中部標準時間3月4日午前6時(日本時間3月4日午後9時)過ぎから行われた、アラバマ州ハンツビルにあるNASAマーシャル宇宙飛行センター(MSFC)のNASA教育工学(Educational Technology)サービスチームおよびインターン学生らとのイベントで1日を開始しました。このイベントにはISSのコマンダーであるスコット・ケリーとフライトエンジニアのキャスリン・コールマンも参加しました。クルーは、NASA教育ブログ「Taking Up Space」に寄せられた学生の質問に答えました。

スペースシャトルのクルーほぼ全員がPMMの関連作業に従事し、補給物資や機器類をPMMからISSへ移送する作業や、PMM内を整備する作業を行いました。

ディスカバリー号のコマンダーであるスティーブン・リンゼイ、パイロットのエリック・ボー、ミッションスペシャリスト(搭乗運用技術者:MS)のベンジャミン・アルヴィン・ドルーJr.、スティーブ・ボーエン、ニコール・ストット、マイケル・バラットは、ISS第26次長期滞在クルーのケリー、フライトエンジニアのオレッグ・スクリポチカ、アレクサンダー・カレリ、ドミトリー・コンドラティェフ、パオロ・ネスポリ、コールマンと共に軌道上合同記者会見に参加しました。彼らは、NASAジョンソン宇宙センター(JSC)、NASAケネディ宇宙センター(KSC)およびイタリアに集まったリポーターの質問に答えました。

他のクルーがPMM関連作業を続けている間、ボーエンとドルーは、午後に、彼らが船外活動で使用した道具類の収納作業を行いました。ケリーは、スペースシャトルのクルーとの共同作業日が延長されたことで、ISSクルーの作業がかなり軽減されたと語りました。

ディスカバリー号のクルーは3月4日午後6時23分(同3月5日午前9時23分)に就寝する予定です。次回のSTS-133ミッションステータスレポートは、3月5日午前2時23分(同3月5日午後5時23分)にクルーが起床した後、または新規イベントがあれば発行する予定です。

出典:STS-133 MCC Status Report #17(NASA)

*併記の無い限り日時はすべて米国日時とします。


 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約