サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

NASAステータスレポート(2008年まで)

STS-124 NASAステータスレポート#19

最終更新日:2008年6月10日
« STS-124-18 | 一覧 | STS-124-20 »

2008年6月9日(月) 午後6時30分(米国中部夏時間)
2008年6月10日(火) 午前8時30分(日本時間)

スペースシャトル「ディスカバリー号」のクルーは、STS-124ミッションで予定されていた国際宇宙ステーション(ISS)での「きぼう」日本実験棟に関わる主な作業を完了しました。

日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙飛行士である星出彰彦とNASAの宇宙飛行士であるカレン・ナイバーグは、「きぼう」ロボットアームの完全展開を行いました。その後、ふたりはロボットアームを保存姿勢に移行させ、各関節のブレーキ試験を完了させました。

ふたりは続けて、「きぼう」船内実験室と船内保管室の間のハッチを開け、船内保管室を「きぼう」の保管場所として使用できるようにしました。

コマンダーのマーク・ケリーとミッションスペシャリスト(搭乗運用技術者:MS)のマイケル・フォッサムは、ISSの「クエスト」(エアロック)に設置されているバッテリ充電器(Battery Charger Module: BCM)を交換しました。

MSのギャレット・リーズマンとフライトエンジニアのグレゴリー・シャミトフは、ISSでの生活や作業についての引継ぎ作業を続けました。宇宙に3カ月滞在したリーズマンは、ディスカバリー号で地上に帰還する予定です。シャミトフは、11月に打上げ予定のSTS-126ミッションまで、NASAのサイエンス・オフィサーとしてISSに滞在する予定です。

他のクルーは、米国中部夏時間6月10日午後(日本時間6月11日午前)のISSとディスカバリー号の間のハッチ閉鎖を前に、機器や補給品の移送作業を引き続き行いました。

クルーは、6月9日午後7時32分(同6月10日午前9時32分)に就寝し、6月10日午前3時32分(同6月10日午後5時32分)に起床する予定です。

次回のSTS-124ステータスレポートは、クルーの起床後、または新規イベントがあれば発行する予定です。

出典:STS-124 MCC Status Report #19(NASA)

*併記の無い限り日時はすべて米国日時とします。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約