サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーション(ISS)

国際宇宙ステーション(ISS)のクルー

最終更新日:2019年7月12日

国際宇宙ステーション(ISS)には、2000年11月2日から3名の宇宙飛行士が滞在を開始しました。2003年2月のスペースシャトル・コロンビア号事故を受けて、2003年4月の第7次から第12次までの長期滞在クルーは2名になりました。2006年7月に第13次長期滞在クルーに1名加わり、3名での滞在に戻りました。
2009年5月末の第20次長期滞在クルーからは、6名体制になりました。
なお、ISSは6名体制が基本ですが、一時的に5名体制になることもあります。

過去の長期滞在クルー


現在および次期以降の長期滞在クルー

(注)打ち上げ・帰還は日本時間表記です。ただし、※印の箇所のみ米国時間表記です。
また、今後の打ち上げ予定日についてはISSの運用に係る国際調整により決定され、変更される場合があります 。

第60次長期滞在クルー

飛行名:59S(ソユーズ宇宙船)
  • 打ち上げ予定日(59S):2019年7月21日(アレクサンダー・スクボルソフ、ルカ・パルミターノ、アンドリュー・モーガン)

Aleksandr Skvortsov

アレクサンダー・スクボルソフ

ロシア宇宙飛行士

(第60/61次長期滞在クルー)

ロシア宇宙飛行士。元ロシア空軍大佐。
1966年、モスクワ生まれ。
1999年に宇宙飛行士となる。第21/22次長期滞在クルーのバックアップクルーを務める。
2010年4月、ソユーズTMA-18で打ち上げられ第23次滞在クルー第24次滞在コマンダーとしてISSに滞在。
2014年3月、ソユーズTMA-12Mで打ち上げられ第39/40次滞在クルーとしてISSに滞在。今回が3回目の飛行。

Luca Parmitano

ルカ・パルミターノ

ESA宇宙飛行士

(第60/61次長期滞在クルー)

ESA宇宙飛行士。
1976年、イタリアのパテルノー生まれ。
2001年から2007年までイタリア空軍のパイロットを務め、2007年にイタリア空軍のテストパイロットに選抜される。
2009年5月に欧州宇宙機関(European Space Agency: ESA)の宇宙飛行士として認定される。
2013年5月、ソユーズTMA-09Mで打ち上げられ第36/37次滞在クルーとしてISSに滞在。今回が2回目の飛行。

Andrew R. Morgan

アンドリュー・モーガン

NASA宇宙飛行士

(第60/61次長期滞在クルー)

NASA宇宙飛行士。
1976年、米国ウェスト・バージニア州 モーガンタウン生まれ。
陸軍士官学校卒業。医学博士(M.D.)。
2013年に宇宙飛行士となる。第57次/第58次、および第58次/第59次長期滞在クルーのバックアップクルーを務める。今回が初飛行となる。

第59次長期滞在クルー

画像:第59次長期滞在クルーパッチ 飛行名:58S(ソユーズ宇宙船)
  • 打ち上げ日(58S):2019年3月15日(アレクセイ・オブチニン、ニック・ヘイグ、クリスティーナ・コック)

Alexey Ovchinin

アレクセイ・オブチニン

ロシア宇宙飛行士

フライトエンジニア(第59/60次長期滞在クルー)

ロシア宇宙飛行士。退役ロシア空軍大佐。
1971年、ロシア生まれ。
2006年に宇宙飛行士候補として指名される。
2013年、古川宇宙飛行士達とイタリアの洞窟でCAVES訓練に参加。2016年3月、ソユーズTMA-20Mで打ち上げられ第47/48次滞在クルーとしてISSに滞在。
2018年10月、ソユーズMS-10でヘイグとともに打ち上げられたが、ロケットのトラブルで緊急帰還。今回が3回目の飛行。

Nick Hague

ニック・ヘイグ

NASA宇宙飛行士

フライトエンジニア(第59/60次長期滞在クルー)

NASA宇宙飛行士。米国空軍大佐。
1975年、カンザス州生まれ。
テストパイロットを経て、国防総省で勤務。
2013年にNASA宇宙飛行士として選抜。
2018年10月、初飛行であったソユーズMS-10でオブチニンとともに打ち上げられたが、ロケットのトラブルで緊急帰還。今回が2回目の飛行。

Christina H. Koch

クリスティーナ・コック

NASA宇宙飛行士

フライトエンジニア(第59/60次長期滞在クルー)

NASA宇宙飛行士。
1979年、ミシガン州生まれ。
NASAで電気技師として働いた後、2004年から2007年にかけて米国の南極観測研究者となり越冬に参加。
2007年から2009年にかけてジョンホプキンス大でジュノーなどの探査機の観測装置の設計に参加。
2010年から再び極地観測に戻り、グリーンランドでの越冬に参加。
2013年にNASA宇宙飛行士として選抜。今回が初飛行。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約