JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク
 JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク螳螳吶せ繝繝シ繧キ繝ァ繝ウ繝サ縺阪⊂縺蠎蝣ア繝サ諠蝣ア繧サ繝ウ繧ソ繝シ繧オ繧、繝医槭ャ繝
 

国際宇宙ステーションのクルー交代/ソユーズ宇宙船交換ミッション(14S)

概要

最終更新日:2007年4月24日

写真

帰還した3名(右からロペズ−アレグリア宇宙飛行士、チューリン宇宙飛行士、シモニー氏)(提供:NASA)

2006年9月から国際宇宙ステーション(ISS)に滞在していた第14次長期滞在クルー(マイケル・ロペズ−アレグリア宇宙飛行士、ミハイル・チューリン宇宙飛行士)と、史上5人目の宇宙旅行者であるチャールズ・シモニー氏を乗せたソユーズTMA-9宇宙船(13S)は、バイコヌール時間2007年4月21日午後6時31分(日本時間2007年4月21日午後9時31分)に、カザフスタン共和国に無事着陸しました。第14次長期滞在クルーの宇宙滞在期間は約215日でした。なお、日本時間2007年1月18日にプログレス補給船(24P)にて打ち上げられたJAXAのタンパク質結晶生成実験装置もともに帰還しました。

14Sミッションは、長期滞在クルーの交代を行うとともに、新しいソユーズTMA-10宇宙船を国際宇宙ステーション(ISS)に届けるミッションです(*1)。

第15次長期滞在クルー(フョードル・ユールチキン宇宙飛行士、オレッグ・コトフ宇宙飛行士)とシモニー氏を乗せたソユーズTMA-10宇宙船(14S)は、バイコヌール時間2007年4月7日午後11時31分(日本時間2007年4月8日午前2時31分)、カザフスタン共和国バイコヌール宇宙基地から打ち上げられ、米国中部夏時間2007年4月9日午後2時10分(同2007年4月10日午前4時10分)にISSにドッキングしました。そして、第14次長期滞在クルー2名と、ISSに約12日間滞在したシモニー氏は、2006年9月からISSにドッキングしていたソユーズTMA-9宇宙船(13S)に搭乗し、2007年4月21日午前4時10分(同2007年4月21日午後6時10分)にISSから分離しました。

ISSへ打ち上げられるソユーズ宇宙船の打上げとしては14回目、ソユーズ宇宙船の交換ミッションとしては13回目となります。また、ソユーズ宇宙船によるISS長期滞在クルーの交代は、6Sミッション以降9回目となります。

*1: ISSには、長期滞在クルーの緊急帰還船として、ソユーズ宇宙船を常時ドッキングさせておく必要がありますが、ソユーズ宇宙船には軌道上での運用寿命があるため、定期的に新しいソユーズ宇宙船と交換する必要があります。

14Sミッション飛行計画(2007年4月21日現在)
項目 計画
打上げ日時 2007年4月8日午前2時31分(日本時間)
2007年4月7日午後11時31分(バイコヌール時間)
2007年4月7日午後9時31分(モスクワ夏時間)
2007年4月7日午後0時31分(米国中部夏時間)
打上げ場所 カザフスタン共和国 バイコヌール宇宙基地
打上げロケット ソユーズ-FGロケット
宇宙船 打上げ:ソユーズTMA-10(14S)
帰還:ソユーズTMA-9(13S)
(2006年9月20日(日本時間)からISSにドッキングしていました)
搭乗人数 3名
軌道高度 ISSとのドッキング高度:約340km(平均高度)
軌道傾斜角 51.6度
ドッキング日時(ソユーズTMA-10) 2007年4月10日午前4時10分(日本時間)
2007年4月9日午後11時10分(モスクワ夏時間)
2007年4月9日午後2時10分(米国中部夏時間)
ISS分離日時(ソユーズTMA-9) 2007年4月21日午後6時10分(日本時間)
2007年4月21日午後1時10分(モスクワ夏時間)
2007年4月21日午前4時10分(米国中部夏時間)
帰還日時(ソユーズTMA-9) 2007年4月21日午後9時31分(日本時間)
2007年4月21日午後6時31分(バイコヌール時間)
2007年4月21日午後4時31分(モスクワ夏時間)
2007年4月21日午前7時31分(米国中部夏時間)

▲このページの先頭へ

JAXAトップページへ JAXAトップページへ 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター サイトマップ JAXAトップページへ サイトポリシー