サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

宇宙ステーション補給機(HTV)

「こうのとり」6号機、ISSから分離

最終更新日:2017年1月28日
写真

ISSのロボットアームから放出された「こうのとり」6号機
(出典:JAXA/NASA)


国際宇宙ステーション(ISS)のロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)により放出ポイントに運ばれた宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機(HTV6)は、1月28日午前0時45分にSSRMSから放出されました。

SSRMSの把持が開放された「こうのとり」6号機は、ISS近傍から離脱するためのスラスタ(小型のエンジン)噴射を開始しました。

この後、大気圏再突入まで約7日間、「こうのとり」6号機を活用して、「HTV搭載導電性テザーの実証実験(KITE)」が行われる予定です。

実験についてはJAXA 研究開発部門ウェブサイトをご覧ください。

HTV搭載導電性テザーの実証実験(KITE)

写真

KITE実験中の「こうのとり」6号機とKITE実験装置の想像図


実験終了後、「こうのとり」6号機は軌道離脱マヌーバを行って2月6日午前0時06分頃に大気圏へ再突入する予定です。

※断りのない限り、日時は日本時間です。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約