サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

宇宙ステーション補給機(HTV)

「こうのとり」3号機はH-IIBロケット3号機との結合に向けた準備を実施

最終更新日:2012年7月 4日
衛星分離部に結合された「こうのとり」3号機(出典:JAXA)

衛星分離部に結合された「こうのとり」3号機(出典:JAXA)

フェアリングに格納される「こうのとり」3号機(出典:JAXA)

フェアリングに格納される「こうのとり」3号機(出典:JAXA)

宇宙ステーション補給機「こうのとり」3号機(HTV3)は、種子島宇宙センターの第2衛星フェアリング組立棟(Second Spacecraft and Fairing Assembly Building: SFA2)にて、推進薬充填作業およびバッテリー充電作業を完了した後、機体の外観点検を行い、打上げに向けて問題がないことを確認しました。

6月26日から27日にかけて、「こうのとり」3号機はロケット側の台座である衛星分離部(Payload Attach Fitting: PAF)に結合されました。その後、6月30日から7月1日にかけて、「こうのとり」3号機をフェアリング(ロケットの先端に取り付ける機体を保護するカバー)に格納する作業が行われました。

「こうのとり」3号機は、今後、大型ロケット組立棟(Vehicle Assembly Building: VAB)への移動およびH-IIBロケット3号機との結合、打上げ直前搭載貨物の積込みなどを行います。「こうのとり」3号機の打上げは、7月21日午前11時05分頃を目標としています。

なお、6月25日に小型衛星放出技術実証ミッションで放出する5機の小型衛星が、6月26日には再突入データ収集装置i-Ballがプレス公開され、多くの報道関係者が集まりました。これらの搭載品は種子島宇宙センターに運ばれ、打上げ直前搭載貨物として「こうのとり」3号機の補給キャリア与圧部に搭載されます。

ツイッターにて、皆さまの「こうのとり」3号機、H-IIBロケット3号機、およびプロジェクトチームへの応援メッセージを募集しています。応援メッセージを送るには、ツイッターアカウントが必要です。ハッシュタグ「#こうのとり応援」を付けてツイートしてください。

#こうのとり応援ツイート 検索結果

(お送りいただいたアカウント名、メッセージ、画像ファイルは、JAXAウェブサイト、JAXA放送で使用させていただくことがあります。あらかじめご了承ください。)

「こうのとり」3号機および搭載物質等については、以下の動画もぜひご覧ください。

※断りのない限り、日時は日本時間です。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約