サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

宇宙ステーション補給機(HTV)

HTV2号機の打上げに向け、曝露パレットにNASAの物資を搭載

最終更新日:2010年9月29日
曝露パレットに搭載されたNASAの物資とNASAおよびJAXA関係者(出典:JAXA)

曝露パレットに搭載されたNASAの物資とNASAおよびJAXA関係者(出典:JAXA)

9月20日、種子島宇宙センターにて、宇宙ステーション補給機(H-II Transfer Vehicle: HTV)2号機の曝露パレットにNASAの物資を搭載する作業が行われました。

今回、曝露パレットに搭載されたNASAの物資は、カーゴ輸送コンテナ(Cargo Transport Container: CTC)とフレックス・ホース・ロータリ・カプラ(Flex Hose Rotary Coupler: FHRC)です。

CTCは、小型の軌道上交換ユニット(Orbital Replacement Unit: ORU)を収容して、国際宇宙ステーション(ISS)船外に保管するためのコンテナです。FHRCは、ISSのS1トラスおよびP1トラスに設置されている、放熱用ラジエータ回転機構(Thermal Radiator Rotary Joint: TRRJ)を構成するORUのひとつで、回転するラジエータパネルにアンモニア流体を供給する機構です。これらの物資は、HTV2号機でISSに運ばれ、ORUの予備品として、ISS船外に保管されます。

※断りのない限り、日時は日本時間です。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約