サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

トピックス

このエントリーをはてなブックマークに追加

宇宙実証用ハイパースペクトルセンサ「HISUI」から初画像が届きました

最終更新日:2020年9月29日

経済産業省および一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構が開発・運用する宇宙実証用ハイパースペクトルセンサ「HISUI」(Hyperspectral Imager SUIte)は、2019年12月12日に「きぼう」に設置され、初期性能確認試験を実施しています。

JAXAは、経済産業省と締結した「HISUI」の「きぼう」搭載に係る協定のもと、「HISUI」のISSへの輸送、「きぼう」への設置、「HISUI」の取得データを地上で回収するための船内支援作業などを担当しています。

このたび、「HISUI」の初めての観測画像として、2020年9月4日にオーストラリア ニューサウスウェールズ州を撮影した画像が一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構から公開されました。

オーストラリア ニューサウスウェールズ州上空を通過した際にHISUIが撮像したナチュラルカラー画像(出典:一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構)

「HISUI」プロジェクトは、高波長分解能の観測データにより精密に地表の物質を特定することを目指しており、石油や金属・鉱物などの資源調査等、多くの分野での活用が期待されています。 これらの利用に向け、今後定常運用観測や利用実証が開始される予定です。

今回取得された画像について、詳しくは一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構の発表を参照ください。

関連リンク

宇宙実証用ハイパースペクトルセンサ(HISUI)の初画像取得について(一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構)

関連トピックス

宇宙実証用ハイパースペクトルセンサ「HISUI」が「きぼう」船外実験プラットフォームへ設置されました(2019年12月13日)
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約