JAXAトップページへ
 JAXAトップページへ 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター サイトマップ
 

宇宙ステーションキッズ

国際宇宙ステーション
宇宙ってどんなとこ
宇宙での生活
有人宇宙活動の歴史
日本人宇宙飛行士
みんなのまわりにも宇宙の技術
ロケット大図鑑
実験工作室
クイズ
用語辞典
宇宙の輪
よくある質問

「きぼう」ツアー

用語辞典

放射線と放射能(ほうしゃせんとほうしゃのう)
すべての物質は細かく分けていくと、「原子」と呼ばれる単位の物質になります。原子の中心には原子核(かく)があります。普通の物質の原子核は変化しないのですが、中には変化するものもあります。例えばウランの原子核がそうです。
原子核が変化するときにはエネルギーや粒子(りゅうし)が放出されます。このとき放出されるエネルギーや粒子(りゅうし)のことを「放射線」と呼びます。放射線を出して崩壊(ほうかい)しながら変化していく物質を放射性物質と呼びます。ウランも放射性物質の仲間です。そして放射性物質が放射線を出す性質のことを「放射能」と呼んでいます。
放射線の種類としては、アルファ線(ヘリウムの原子核)、ベータ線(電子の流れ)、ガンマ線(電磁波)が良く知られています。

もくじ
   
JAXAトップページへサイトポリシー