サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

よくある質問

宇宙の理科に関するQ&A

遠心力ってどんな力

動いている物体は外から力が加わらないかぎり、いつまでも一直線に同じ速度で動き続け(等速直線運動)、静止している物体は外から力がかからないかぎり永遠に静止しようとします。

これをニュートンの第1法則(慣性の法則)といいます。

あなたは停止している電車に進行方向を向いて立っているとしましょう。この電車が急に走り出したら、あなたは後ろに倒れそうになりますね。電車が動きだしただけで、あなたには何の力も働いていないのに後ろに引っ張られるように感じますね。

この後ろに引っ張られる感じの力を慣性力と呼びます。

走っている電車がブレーキをかけて速度を落とすと進行方向につんのめるのも、あなたの体はそのままの速度で動き続けようとするからです。

慣性力とは動いているものを止めようとしたり、止まっているものを動かそうとするときに必要な外力に釣り合う力のことです。

電車が直線を走り、カーブに差し掛かったとしましょう。あなたは電車が曲がる方向と反対側に引っ張られ体が傾きますね。ここにも慣性力が働いています。

あなたは電車とともに直線運動をしていて、電車がカーブを曲がっても、あなたの体はそのまま直線運動を続けようとして、カーブと反対方向に体が傾くのです。

この場合の慣性力を遠心力と呼びます。

もし電車が同じ場所をぐるぐる回ったとすると、あなたの体は慣性の法則でまっすぐ進もうとしているので、常に回転する円の外側に引っ張られる感じがします。

つまり、物体を回転させると遠心力という特別な外向きの力が発生するわけではないということです。回転している当事者にしか感じられない見かけ上の力です。

例えば、重りに紐をつけて振り回し、突然紐が切れると、重りは回転の接線方向に直線に飛んでいきます。重りを引っ張っていた力(向心力)が無くなり、直線運動を続けようとするのは慣性の法則があるからです。

回転運動に関する説明を簡単にするために、回転運動に伴う慣性力を遠心力と呼んでいます。

最終更新日:2012年2月29日
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約