サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2015年11月

大西宇宙飛行士、ISS長期滞在に向けた訓練を実施

最終更新日:2015年12月25日
写真:より大きな写真へ

ソユ-ズ宇宙船の最終試験に臨む大西宇宙飛行士ら45Sバックアップクルー(出典:JAXA/NASA)

国際宇宙ステーション(ISS)の第48次/第49次長期滞在クルーである大西宇宙飛行士は、ロシアのガガーリン宇宙飛行士訓練センター(Gagarin Cosmonaut Training Center: GCTC)で行われた第46次/第47次長期滞在(45S)クルーの打上げ前の最終評価試験に、バックアップクルーとして参加しました。

各種試験を行った後、最終評価試験は2日間にわたり行われ、ソユーズ宇宙船とISSのロシア側モジュールに関する試験を行いました。

ソユーズ宇宙船の試験は、ソコル宇宙服に身を包みソユーズシミュレータに乗り込み、(1)打上げ前準備~軌道調整噴射、(2)ISSとのランデブー~ドッキング、(3)ISSから分離~地上へ着陸の3部にわかれ、それぞれ実際と同じ手順を行い、不具合への対処を行いました。

写真:より大きな写真へ

ロシアモジュールのモックアップ内で訓練を行う大西卓哉、キャスリーン・ルビンズ両宇宙飛行士(出典:大西宇宙飛行士のGoogle+より)

ロシア側モジュールに関する試験は、ロシアモジュールのモックアップの中でISSでの1日をシミュレートしました。朝の地上との音声会議から始まり、食事の準備、ビデオメッセージの収録、空気の組成チェック、トイレのメンテナンス、物資移送、非常用装備品の点検等を行いました、その中で火災が発生したと想定して、その対応として酸素マスク着用、火元の特定、消火活動、地上と交信しながら復旧作業という流れを行いました。なお、試験中にいつ・どんな不具合が起きるかは、受験者には事前には知らされません。

デブリーフィング(結果報告会)で成績について通知され、良好な成績で合格しました。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約