サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2015年10月

大西宇宙飛行士、ISS長期滞在に向けた訓練を実施

最終更新日:2015年11月27日

国際宇宙ステーション(ISS)の第48次/第49次長期滞在クルーである大西宇宙飛行士は、10月は主にNASAジョンソン宇宙センター(JSC)で訓練を行い、10月末にはロシアのガガーリン宇宙飛行士訓練センター(Gagarin Cosmonaut Training Center: GCTC)にて訓練を行いました。

写真:より大きな写真へ

エアロックの中で船外活動ユニット(EMU)を装着した大西宇宙飛行士(出典:大西宇宙飛行士のGoogle+より)

JSCでは、先月に引き続き船外活動(EVA)訓練を行いました。
今月はエアロック(真空チャンバー)の中で実際の宇宙空間で使える船外活動ユニット(EMU)を装着して、減圧し元の気圧に戻す手順を行いました。

健康チェックから始まり、冷却下着を着てEMUを装着し気密チェックした後、体内に溶け込んでいる窒素を抜くために4時間そのままの状態で待機してから、エアロック内の減圧を開始しました。
エアロック内が減圧しEMU内も0.3気圧まで下げます。そのためEMU内では空気ではなく酸素を呼吸します。

その状態で様々な不具合対応手順の確認を行った後、船外活動終了手順を行って徐々にエアロック内に空気を戻し訓練を終了しました。



写真:より大きな写真へ

ソユーズ宇宙船シミュレータで訓練を行う大西宇宙飛行士(出典:大西宇宙飛行士のGoogle+より)


10月末のGCTCでの訓練は、第46次/第47次長期滞在クルーのバックアップ最終訓練として、主にソユーズ宇宙船のシミュレーション訓練を行いました。
打上げ準備からISSとランデブーを開始するまで、ISSとのランデブーからドッキングまで、ISSから分離して地球に帰還するまでにわけ、手順に従ってシミュレーションを進めました。訓練では所々不具合を起こすようにシナリオができており、定められた手順に従って対処しました。

ソユーズ宇宙船に関する訓練は11月の最終評価試験に向けて各種試験が続きます。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約