サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2014年3月

大西宇宙飛行士のISS長期滞在に向けた訓練

最終更新日:2014年4月30日

国際宇宙ステーション(ISS)の第48次/第49次長期滞在クルーである大西宇宙飛行士は、3月前半は2月に引き続きロシアのガガーリン宇宙飛行士訓練センター(Gagarin Cosmonaut Training Center: GCTC)で訓練を行い、3月後半は米国のNASAジョンソン宇宙センター(JSC)で訓練を行いました。

GCTCでは、ソユーズ宇宙船の熱制御システム・通信システム・推進システム・電力システムについて訓練を行いました。大西宇宙飛行士は、各システムについて講義を受け、シミュレータを使用した実習や知識を確認するための試験を受けました。

JSCでは、ISSの電力システムやISSで使われる水の運用方法、ISSに搭載されている工具の使い方、ISSで実施する機器のメンテナンス作業の概要、無人の補給船を把持するためのISSのロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)の操作方法などについて訓練を行い、ISSの運用に関わる幅広い知識と技術を学びました。

大西宇宙飛行士は、今後も米国とロシアを中心に、2016年6月頃から予定されているISS長期滞在に向けて訓練を積み重ねていきます。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約