サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2011年10月

大西宇宙飛行士、NEEMO訓練に参加

最終更新日:2011年11月30日
写真:岩石サンプルの収集を行う大西宇宙飛行士

岩石サンプルの収集を行う大西宇宙飛行士(出典:JAXA/NASA/NOAA/UNCW)

大西宇宙飛行士は、第15回NASA極限環境ミッション運用(NASA Extreme Environment Mission Operations: NEEMO)訓練に参加しました。

NEEMO訓練は、米国フロリダ州沖合の海底約20mに設置された「アクエリアス」と呼ばれる海底研究施設内で生活を行い、宇宙飛行に似た極限環境下で国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在ミッションなどで必要となるリーダシップやチームワーク、自己管理などの能力を向上させるとともに、ISSおよび有人による惑星探査に向けた新技術・ミッション運用技術の開発などを目的として実施するものです。

今回のNEEMO15では将来の小惑星探査を想定し、海中で微小重力を模擬することにより、小惑星上での移動手段や岩石・土壌サンプルの収集手段について検証を行いました。また、プライバシーのほとんどない閉鎖環境での生活を通して、クルー同士の助け合いや気配り、地上とクルーの間の円滑なコミュニケーションなど、多くのことを学びました。

第15回NASA極限環境ミッション運用(NEEMO15)訓練
大西宇宙飛行士のNEEMO日記~海底からこんにちは~

なお、油井、金井両宇宙飛行士は、NASAジョンソン宇宙センター(JSC)にて各自の訓練カリキュラムに沿って訓練を実施しました。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約