サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2011年8月

有人宇宙開発への貢献が称えられ、若田宇宙飛行士がメダルを受賞

最終更新日:2011年9月22日
ミハイル・ベールイ駐日ロシア大使(中央)からメダルを授与された秋山氏(左)と若田宇宙飛行士(右)

ミハイル・ベールイ駐日ロシア大使(中央)からメダルを授与された秋山氏(左)と若田宇宙飛行士(右)(出典:JAXA)

若田宇宙飛行士は、日本人として初めて宇宙を飛行した秋山豊寛氏とともに、ロシアから有人宇宙開発への貢献が称えられ、東京都港区のロシア大使館にて、ミハイル・ベールイ駐日ロシア大使からメダルが授与されました。

このメダルは、今年4月に、ユーリ・ガガーリン宇宙飛行士による人類初の有人宇宙飛行から50周年を迎えたロシアが、有人宇宙開発に貢献した63名の外国人宇宙飛行士に対して、その国際的功績を称えるために贈ったものです。日本人としては、秋山氏と若田、野口両宇宙飛行士が受賞者に選ばれ、4月にモスクワのクレムリン宮殿にて行われた式典では、野口宇宙飛行士が、ロシアのメドベージェフ大統領から直接メダルを授与されています。

若田宇宙飛行士は、メダルの受賞について、「大変光栄に思う。メダルは私ひとりの力で戴いたものではなく、有人宇宙開発に携わる日本の関係者の方々の功績が称賛されたのであって、私たちを支えてくださった皆さんに感謝を申し上げたい」と喜びと感謝の気持ちを語りました。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約