サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2011年7月

国際宇宙ステーション利用シンポジウム~日本の復興・再生に向けた貢献~

最終更新日:2011年8月31日
パネルディスカッションで意見述べる若田宇宙飛行士

パネルディスカッションで意見述べる若田宇宙飛行士(出典:JAXA)

若田宇宙飛行士は、東京都千代田区の丸ビルホール&コンファレンススクエアにて開催された「国際宇宙ステーション利用シンポジウム~日本の復興・再生に向けた貢献~」に参加しました。

シンポジウムでは、国際宇宙ステーション(ISS)計画で培った安全管理や危機管理、ISSが備える様々な技術を、これからの日本の復興・再生や安全な社会創りにどのように役立たせるのか、講演やパネルディスカッションを通して、シンポジウムに参加した一般の方々も含めて意見交換を行いました。

パネルディスカッションにおいて、若田宇宙飛行士は、危機に直面した際の情報共有のあり方について、「リスクがどこにあるか、正確なデータを共有して信頼関係を築くことが大切」と、自身のISS長期滞在時に地上の管制官とのコミュニケーションにおいて認識した情報共有の大切さを重ね合わせて語りました。この他にも、安全設計やリーダーシップを論点に、立場や経験の違う他のパネラーとともに深い議論を交わしました。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約